<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『三月の空を見上げて』(第三文明社)見本届く

0

     昨日の85歳誕生日には、200通ほどの「メッセージ」をいただいた。その返事を書き、夜は家族でささやかな祝賀会を開いた。

     同時に、誕生日に合わせて(発売日 2019・1・19)、見本本が届いた。忙しかったので写真も撮らなかった。2月1日全国発売だそうだ。以前は、私に注文がくればサインを入れて送っていたこともあったが、聞くところによると、今は「アマゾン」などの方が、ずっと早いらしい。おかげで私も助かっている。

     朝postを覗いたら、福生のIさんが、私のために作成した「誕生祝の手作り絵本」が入っていた。お心がうれしい。シャイなのでそっと投函していったらしい。

     AM 新刊の「マスコミ謹呈先」「謹呈文」を作成した。

     PM 明日,G社来宅。打ち合わせを行うので、そのための資料を作った。

     東京富士美術館のS学芸員からメールが入った。今夏同館で投映・講演予定の「おばあちゃんのことばのまほう」を読んで、言葉の楽しさが面白かったそうだ。夏までに講演内容をまとめあげよう。すでに来年の分も決まっている。再来年の分はまだ白紙。  

    漆原智良 * - * 17:00 * comments(8) * - * - -

    85歳誕生日

    0

       土曜日だから、というわけではないが8時30分起床。快晴。

       85歳の誕生日を迎えた。今日まで元気に歩めたのは、草葉の陰で見守っていてくれる両親のお陰と手を合わせる。

       朝食後パソコンを開いたら、メール、メッセージ、フエイスブックに「誕生祝い」が100通を超えるほど舞い込んでいた。返事を書いていたらもうたちまち昼食。

       玄関に朝一番の郵便物が届いた。第三文明社の朝川編集者さんから、「誕生日に合わせた発行日で……」と、バースデーカードがついて、拙書『三月の空を見上げて −戦災孤児から児童文学作家へー』(240ページ)の見本が10冊送られてきていた。早速写真を撮り、仏壇に供えた。1月末に発売される予定。

       午後も、ポツポツとメッセージが届く。今日は一日パソコンに向かっていた。みんなに祝福されて幸せだ。

       85歳になると、「めでたさも 中くらいなり おらが春 小林一茶」の句が浮かんでくる。今日を機に、仕事の量を減らすことを実行しよう。

       妻が「誕生日だから、今夜は特別料理0000だ」と、家族で祝ってくれた。

      漆原智良 * - * 17:45 * comments(4) * - * - -

      新企画の話

      0

         AM11〜 F社訪問。K取締役 K編集者さんと会見。急激に変貌する時代の流れのなかで、今後どのような企画を考えることが必要か?と、大きな話題に取り組む。シルバー対象の企画なども提案された。昼食を取りながら真剣に語りあう。その企画に協力することを約束。

         15時、タクシーで次会場へ。

         すでに、星野さんが待っていた。「一陽来復」の映画上映に当たって、どのような手順を踏んだのか、詳細にお聞きする。「一陽来復」に出演している一人、遠藤伸一さんは、私の「次作ノンフィクション・かがやけ!虹の架け橋」の主人公。東日本大震災の津波で受けた悲しみを乗り越えて、前向きに歩むご夫妻の生き方を、何度も取材して描きあげたもの。(写真はフエイスブック)

        漆原智良 * - * 20:37 * comments(4) * - * - -

        ラジオ関西

        0

           成人式、小正月が過ぎた。各会社も、本格的な軌道に乗り始める。

           東京・青梅は気温マイナス2度。テレビは早くも「今年は花粉が多い」と報じていた。

           

           AM ひょうごカレッジの加古学長から電話あり。「4月20日朝7時30分〜のラジオ関西『ひょうごラジオカレッジ』へ出演していただきたいが……」との依頼。これは毎週土曜日、各界の人が出演して30分自由に語る番組。テーマは『火のカッパ』。空襲にまつわる秘話。3:10から3:11をつなげて語ろう。本講座は過去に3回出演しているので様子は理解している。お引き受けした。

           G社のN編集長から「京都セミナーーの件で打ち合わせをしたい」と連絡が入る。21日に決定。今日も「京都セミナーに参加したい」と、神戸のKさんから電話が入った。

           D社からは「3月号」の校正が届いた。

           私もしっかり腰を上げよう。明日は都心で仕事の予定。

           

          漆原智良 * - * 17:23 * comments(8) * - * - -

          稀勢の里引退

          0

             このところ連日悲しいニュース、淋しいニュースが続く。

             早朝目が覚めたら「稀勢の里引退」のニュースが流れてきた。

             稀勢の里の師匠、田子の浦親方(稀勢の里の兄弟子でもあった)の「返す言葉が出なかった」という気持ちも理解できる。親方の現役時代(隆の鶴時代、もみあげが長くて有名。怖そうだったが気は優しい)と、ある関取の結婚式で同席、お会いしたことがあるが、「童話の話」に興味を示してくれた。稀勢の里関、長い間ご苦労様でした。

             今日は一日絵本の読書に暮れた。「ミジンコでございます」(佐藤まどか作/フレーベル館)が印象に残った。

             

             

            漆原智良 * - * 17:32 * comments(6) * - * - -

            東京スカイツリーと浅草へ

            0

               今日は羽村市緑ヶ丘3敬老会の「研修旅行」。といっても、都内の「東京スカイツリーと浅草観音様への初詣」コース。31名参加。

               AM8〜集合出発。中央高速で1時間30分。東京スカイツリーにのぼる。展望台から眼下の浅草を眺めていたら、見知らぬ年配のご夫妻と息子さんから声をかけられた。

               「国技館はどこですか?」「あの青い屋根です」

               「これから、稀勢の里を応援に行くのです」「それでは、茨城から来られたのですか?」

               「いや、宇都宮から来ました」「私も昔、宇都宮に住んでいました」

               純朴なご家族と楽しい会話が続く。

               

               PM 浅草雷門の00で「天ぷら定食」。昼食後、仲見世をぶらぶら散策。昭和15年に卒園した伝坊院幼稚園の前で、しばし往時を懐かしむ。外国人の若い女性の着物姿が多いのには驚いた。舟和のあんこ玉や、近所へ配る人形焼きを買った。浅草寺にお参りし「交通安全」のお札を求めた。

               帰宅したら「稀勢の里」が負けていた。スカイツリーで出会ったご夫妻の気落ちした、気の毒そうな顔が想像の世界で浮かんできた。

               

              漆原智良 * - * 18:42 * comments(4) * - * - -

              市原悦子さん逝去

              0

                 今日は「成人の日」。全国晴天=何十年ぶりとのこと。成人を迎えたみなさんおめでとうございます。

                 去年の「はれのひ」の社長雲隠れ騒動の暗いニュースが頭をよぎった。今年はみんな慎重だ。

                 

                 昨日、女優の市原悦子さんが亡くなられた。

                 私の処女作『近くて遠い島』(NHK放送記念祭賞一等入選作)ドラマに主演していただいたのが、木下秀雄さん(私の役。「事件記者」などに出演)と、市原悦子さん(私の妻の役)だった。当時市原悦子さんは26歳。放送は昭和38年3月。『近くて遠い島』はNHKの懸賞ドラマで、八百余編の応募があったそうだ。

                 木下秀雄さんもお亡くなりになった。いまは、木下さんのお弟子さん、飯島晶子さんとフエイスブックでつながっている。お会いするたびに、木下さんのことを話してくださる。

                 昭和時代に活躍した俳優、女優さんが次つぎと天国へ走っていってしまう。寂しいことだ。ご冥福をお祈りする。

                 

                 

                漆原智良 * - * 17:34 * comments(4) * - * - -

                推薦文

                0

                   帰京したら、こまごまとした仕事が溜まっていた。

                   出版社から拙書『おばあちゃんのことばのまほう』(アリス館)のDVDだ届いた。今夏の投映作品。

                   山形の青おにの会会員の、中川栄子さん・ゆかりさん母娘(おやこ)のアンソロジー8作の「跋文」「推薦文」を800字でまとめた。昨日草稿しておいたので、スムーズにペンが進んだ。

                   

                   新品の自転車を求めた。「注文しておいたのが届いた」と,N自転車店から電話があった。『きょうは何の日?』と尋ねたら「先勝だ」という。午前中に届けてもらった。自転車はいつもブリヂストンだ。昔、働いていたことがある(いや、栃木県総代理店で販売していた)ので、ご恩返しだ。乗り心地満点。

                   

                   雑誌「灯台2月号」が届いていた。今月の「読み聞かせ推薦本」は『なくのかな』(内田麟太郎作/大島妙子絵/童心社)。紹介文は「フエイスブック」参照↓

                   https://www.facebook.com/tomoyoshi.urushibara

                   

                  漆原智良 * - * 17:19 * comments(4) * - * - -

                  山口那津男さん

                  0

                      昨日、公明党の賀詞交歓会にお招きいただいた。

                     昨夜、山口那津男さんから「写真」が送られてきた。律儀なお方だ。優しさと「平和への願い」に、ぶれない信念に共感する。自民党の防衛予算をかなり削ってくれた。写真を良く見たら、隣りに小池百合子さんもいらっしゃった。挨拶しそこなった。

                     山口さんには、かつて、息子の生まれふるさと八丈小島にヤギが繁殖した折に「渡島視察」していただいたことがある。ヤギの捕獲予算に奔走していただいたことがある。無人島になって今年で満50周年、「風化させないように」と、お願いしてきた。

                     久方ぶりに自宅でのんびり。Nさんの「処女出版」の跋文の構想を練り、草稿を書いた。2ページ分だが、「推薦文」は言葉の選択が難しい。

                     3月2日の表彰式に参加する学校の先生と連絡を取り合った。ご褒美に「赤湯温泉」に泊まることにした。予約を入れた。

                    漆原智良 * - * 18:06 * comments(0) * - * - -

                    充実の3日間

                    0

                       帰宅しました。

                       1月9日

                        AM10〜発 東京駅13:00に乗車。天候良し。山形新幹線定時に高畠着。よしのやホテルに荷物を置いて、高畠駅構内の温泉・太陽館で体を休める。夕方、Nさん、Kさんがホテルに来館。「本の出版の打ち合わせ」をおこない、その後夕食を共にして歓談。

                       

                       1月10日

                        AM8:40 記念館の事務局長がホテルにお迎え。 浜田広介記念館にて、「ひろすけ童話感想文の最終審査」。馬場委員、島津委員の3人。感想文担当は塗さん。お世話になった。正午までに一段落。家庭での作業時間が多いだけに、最終は合計点数と、内容の確認のみ。問題が無ければ上位から決定していく。団体賞は東京都国分寺第九小学校に決定。今後の仕事の係り分担を決めて終了。

                       PM13:32の列車で帰京。18時帰宅。

                       

                       1月11日 

                       AM 8:20 石居議員の車で京王プラザホテルへ。公明党の賀詞交歓会の招待を受ける。全議員と、二階幹事長、小池都知事、東京都の全区長、市町村長も出席。開会前に山口なつお代表にお会いして「八丈小島無人島になって50周年」その間の、ヤギ救助などの礼を述べる。八丈島山下町長、山本議員、山下議員などに会って「八丈小島についての50周年企画」をお聞きする。資料館の改装、講演会の開催など前向きな返事。その後、各区市町村長と歓談。多くの友人とも再会。

                       八丈小島の問題は「昔の苦労を思い出したくない」という島民もいるそうだ。なかなか難しい。

                       疲れたが充実した3日間。

                       

                       

                       

                       

                       

                      漆原智良 * - * 17:39 * comments(6) * - * - -
                      このページの先頭へ