<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

福生と鰻と新宿と

0

     AM 早起き。9時の電車で福生へ、白梅童話の会合評会≪福生市民会館)。7作提出。8名参加。会員の「作品表現力」はしっかり身についてきた。さらに「批評力」も的確になって来たことがうれしかった。

     12時10分の特別快速に乗って新宿へ。暑い!

     いつもの、N亭に入ってうな重を注文。店内は、中国人団体客で混んでいた。隅の席でひっそりと食す。

     D社へ向かう。時間が早かったので、運動のために地下鉄一駅分歩いた。26度、やはり暑かった。若者は半袖だった。

     PM 2〜 拙書「火のカッパ」について語る。ライターの大森さん、写真家の鶴田さんと初対面。1時間30分語る。

     帰りは、新宿御苑駅から地下鉄で荻窪へ→青梅行きに乗って夕方5時半帰宅。

     動物公園から「タケノコ」が届いていた。2日分の仕事をこなした。さすがに爺ちゃん疲れた。

    漆原智良 * - * 18:32 * comments(6) * - * - -

    サッパリ散髪

    0

       AM 朝、雨が降っていた。午後は晴れると報じていた。

       栃木県芳賀町こども育成課へ電話を入れた。赤澤課長は打ち合わせ中であった。「画家の吉田さんと話し合い、10月30日に決めた」と伝えた。当日は、芳賀町民会館で行うことになった、三校の児童が通学バスでやってくるそうだ。大きい会場だから大丈夫らしい。「知人の、宇都宮の児童文学作家高橋秀雄さんも来られるので…」と言ったら、育成課に派遣され、教師指導の手塚先生が喜んでくださった。「10人程知人の見学をお願いしたい…」と頼んだら「広いから席はありますよ」と、明るい声で承諾してくださった。当日、サプライズとして児童に紹介したらびっくりするだろうなあ。

       

       理髪店の予約が11時なので、10時のバスに乗って駅へ向かった。雨降りなので、バスは満席であった。50年以上通っている教え子の理髪店、遠くても通い続ける。さっぱりして店を出たら、近所のAさんに出会った。「車で送りましょう」ということで、お言葉に甘えてしまった。

       予報通り、午後は快晴。いつもの原稿をポチポチ書いた。

      漆原智良 * - * 18:08 * comments(4) * - * - -

      朝から夕まで「あかりちゃんのつうがくろ」

      0

         AM 寒い朝。気温が低いと思ったら雨が降って来た。ひと雨ごとに暖かくなっていくのだろう。

         羽村での、「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演の舞台費用や進行状況についてについて、Iさんが報告に来てくださった。あと、2か月を切った。遅れを心配していた。東北の石巻、青森、気仙沼、大館の仲間からは、「観にいきたい」とお知らせが届いている。いつものことながら、急いでPRしないど間に合わない。

         

         PM 栃木県芳賀町のこども育成課のA課長さんからは、「あかりちゃんのつうがくろ」の「投映、朗読、トークショー」を秋に行ってほしいと、電話が掛かって来た。9〜10月の3日間を候補に挙げてきた。画家の吉田瑠美さんと連絡を取って返事することにした。今年は、広い町民会館で一回公演を行うことになった。たっぷり時間をいただけるようだ。

         (写真は昨年夏富士美術館にて。吉田さんは、元カンフーの日本チャンピオン)

                        

               クリックすると新しいウィンドウで開きます

         

         

        漆原智良 * - * 18:03 * comments(4) * - * - -

        「あかりちゃんのつうがくろ」チラシ

        0

           AM 「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演にあたって実行委員が活発に動いている。

           同公演のチラシも上がって来た。丁度2ケ月後の今日だ(6月16日)。画家の吉田瑠美さん(京都在住)とも、連絡がとれているので、あとは最終打ち合わせのみ。

           チケットはまだできていないが、予約は受け付けている。(前売り 2500円)

                    「あかりちゃんの...」の画像検索結果

           今日も、長編をコツコツと書いた一日。

          漆原智良 * - * 16:58 * comments(4) * - * - -

          黄八丈

          0

             日曜日なので寝坊した(いつものこと)。8時30分に起きたら、妻が「今まで、テレビで八丈島をやっていた」という。「シマッタ!」と、思った。朝食後、書斎へ行って、パソコンを開いたら、青森の山本武朝さんが「今、八丈島を見た」と、テレビの写真を送ってくださっていた。「黄八丈の着物を着ての卒業式」「八丈小島の写真」など。なつかしくなった。青森に向かって手を合わせた。

             日本児童文芸家協会編集委員会へ原稿(8月20日締め切り)を、一昨日送っておいた。「児童文学作品を書くにあたっての最低これだけは身に付けておきたいスキル」ということで「初心者向き」に、7000字執筆した。今日返事が届いて「これでOK」とのこと。ホッとした。掲載は「児童文芸」の12〜1月号(鬼が笑うかも)。仕事を片付けておかないと、次の仕事が手につかない男。

                               

             

            漆原智良 * - * 16:55 * comments(8) * - * - -

            未来

            0

               AM はっきりしない天候だ。風が強い。

               銀の鈴社から、来年度の童話募集のチラシ案が3通届いた、テーマは「未来」。「1通選んでほしい」というので、コメントを付けて送信した。

               まもなく正式に「童話募集の声」が掛かります。

               土曜日だが、「戦時中のできごと=少年時代のあそび、労働など」について、忘れないうちにまとめておこうと記録した。

               

               

                            
                             

              漆原智良 * - * 17:33 * comments(2) * - * - -

              児童文芸

              0

                 日本児童文芸家協会で発行している機関誌(販売もしている)に『児童文芸』がある。昨年から『題材の奥に潜む本質をとらえよう』(2017・10〜11月号)、『昭和の思い出』(まもなく掲載)、『児童文学作品を書くにあたって最低身に付けておきたいスキル』(今年の暮れ発行)と、執筆依頼が来ている。プロ作家集団の協会誌のスキルだ。そこで、初心者向きか? プロ作家向きのスキルか? 迷った。一応初心者向きとして草稿を書いて、担当者に投函した。相談のうえ決める。

                                  「児童文芸」の画像検索結果

                 

                 長編の推敲にも取り組んでいる。出版社から「楽しいエピソードも欲しい」と注文されている。

                 あれこれと、書くために考えさせられた一日。

                 光丘真理さんから『勇気のある一歩でせかいがかわる! 車いすバスケ』(新日本出版社)が送られてきた。貴重な題材だ。これから腰を落ち着けてゆっくり読もう。

                 

                漆原智良 * - * 17:18 * comments(4) * - * - -

                「こいのぼりくんのさんぽ」

                0

                   AM 暖かくなり、朝起きるのが楽になった。

                   9時 S電機店の兄弟が「エアコン」を持ってきてくれた。夏が近いので、仕事場のエアコンを新品と交換した。S君といっても50代の半ば、昔の担任生徒。電気製品はすべて任せてある。

                   

                   今日もこいのぼりの絵本を読んだ。『こいのぼりのさんぽ』(すとうあさえ文・たかおゆうこ絵・ほるぷ出版)。鯉のぼりが題材なので雑誌に紹介できない(8〜9月号辺りにになってしまうからだ)。鯉のぼりがネコを背負って散歩に出た。ところが、木の枝に挟まってしまい、さあ大変! そこへ、サルが助けに来てくれた。無事に空を舞うことができた。幼児は、鯉のぼりの散歩をさまざまな角度から想像していくに違いない。すとうさんは「昔からの行事を大切にしよう」と、毎月書いている。「あとがき」の解説も、若いお母さんにはうれしい。

                                  こいのぼりくんのさんぽ

                   PM 原稿をチョッピリ書いて終わり。

                   夕方「某誌」の校正が飛びこんできた。

                  漆原智良 * - * 18:30 * comments(6) * - * - -

                  「はるのごほうび」(内田麟太郎作・村上康成絵・鈴木出版)

                  0

                     Y新聞から「火のカッパ」2度取材を受けた。東京大空襲前に掲載し、空襲の悲惨さを訴えたかった。

                     ところが、掲載が無いので昨日連絡した。3月の東京大空襲の時期を逸してしまったようだ。何しろ「冬姿の写真』なので差し替えてほしかった。Mデスクから「4〜5月頃掲載」という連絡があったので、「7〜8月の終戦近くが良い、戦争の無意味さを訴えたいから」と、お願いした。理解してくれた。そのうち会うことになった。Mデスクも宇都宮市や、江東区にいたこともあってか、話しの枝に花が咲いた。

                     

                     ヘヴェンエンターテイメント社長の川口良絵から「『あかりちゃんのつうがくろ』の舞台公演の練習が順調にすすんでいる」との連絡が入った。間もなくチラシも配れるだろう。

                     

                     そんな時、『はるのごほうび』(内田麟太郎・作/村貝連星・絵/鈴木出版)が送られてきた。「どんなご褒美だろう」とわくわくしながら、ページをめくった。「はるです」と、こいのぼりが空に浮いている。続いて、ブタ、ネコ、カエル、タヌキ、クマさんまで浮いている。「どうしてういているの?」。春風がお腹をいっぱいにしてくれるからだ。内田流、おだやか、おっとり、のびやかな気分にしてくれる。最後には「00さんにそっくりな顔」が浮かんでいる。「オチ」がきまっている。

                     私も今夕はおだやかになった。

                                      チューリップえほんシリーズ<br> はるのごほうび

                     

                    漆原智良 * - * 16:46 * comments(8) * - * - -

                    「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演お知らせ

                    0

                       ■お知らせ
                      「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演が決まりました。
                      ヘヴェンエンターテイメント総出演の舞台劇。現在猛特訓中。総勢50人ぐらいだろうか? 

                      ★日時6月16日(土)14時
                      ★羽村市生涯学習センターゆとろぎ...
                      ★前売り 2500円
                      ★主催 「あかりちゃんのつうがくろ」実行委員会
                      ★後援 羽村市教育委員会、商工会、観光協会
                       (おまけ)漆原智良(作者)x吉田瑠美(画家)のトークも予定
                      (吉田瑠美さんは京都在住、元・カンフーの日本チャンピオン)

                                   あかりちゃんのつうがくろ

                       今日は、長編の一部手直しの仕事に取り組む。今月中には1作仕上げて送稿したい。

                       D出版社N編集長さんから電話。「火のカッパ」の作品について、誌上で語ってほしいとの依頼。19日2時。当日午前中は「白梅童話の合評会」なので、早めに終わって駆けつけることにした。

                       吉田さんから「京都で個展の真っ最中だが、舞台劇に駆けつけてくださる」との電話あり。

                       今月から、競歩・徒歩を1時間。夕方の電話お断りにしました。

                       

                       

                       

                       

                      漆原智良 * - * 17:30 * comments(4) * - * - -
                      このページの先頭へ