<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

剥離骨折

0

     昨日もいつものように「動物公園→支援学校一周」コースを競歩していたら捻挫してしまった。今朝、知り合いのW整形医院へ行き、レントゲンを撮った。剥離骨折とのこと。しばらく安静。27日、今年度の「児童ペン大賞」選考会議、30日は午前、T出版社との打ち合わせと、午後は、ニッポン放送の収録がある。新山千春さんと最後の仕事。何とかサンダルを履いてでも行こう。

     

     昨日「去年の調布市のサンマ祭」のことを書いたら、朝から電話が殺到。ありのままの真実を書いたブログも、000通のシェアがあった。夏目漱石の「坊ちゃん」ではないが、正しいものは正しいのだ。みんながじっと公平に見ていてくれたのがうれしい。これ以上、C氏に迷惑が掛かっては申し訳ないので「今年の調布市でのサイン会」は参加を取りやめることを決断した。参加し、お会いしたいと申し出てきた方には丁重に「お詫び」のハガキや、メールを送った。

     

     PM ニッポン放送「みんなの作文」の最終回のコメントを書いた。お別れかと思うと胸が熱くなってきた。

    漆原智良 * - * 17:35 * comments(1) * - * - -

    10月1日サンマ大会

    0

       先日、Cさんから「今年も10月1日にC市でサンマ大会、東北被災地支援物産品販売をおこなうので、ゲストとして参加していただけないだろうか?」と依頼を受けました。昨年、私は「心痛む不愉快な思い」を受けたので、一度は固辞しました。ところが、拙書「天国にとどけ!ホームラン」(小学館)が、今年C市の推薦図書となり、C市の全小学校の教室に並べられていること。Cさんが作品のモデルであること。児童文学作家の山花郁子さんが応援くださっていること……などもあって、今年も、お引き受けすることにしました。

       じつは、昨年のこと。C市のT議員や、Cさんから「ゲストとして参加し、本のサイン会をおこなってほしい。サンマや支援販売の開場は11時です。ですから、早めに来てください……」と、依頼されました。それなら、10時30分に行って、本を並べ、開場時にはゲスト席についてお客さんを待っていましょう、それが、礼儀というものだと思い、フエイスブックに「10時30分までには行きます」と、書き込みました。すると突然、実行委員長のAさんから「11時にはならないのか、それにサンマの整理券も必要。10時30分に来るなら、自分は実行委員長を辞めるから、あなたがやってほしい」との意味不明のメール。そのうえ「FBの友達」まで削除してきたのです。おどろきました。私は、サンマをいただくわけではないし、何が何だか分からなくなってしまいました。永い間、各地からサイン会などに、ゲストとして招待されていますが、(開始時間ピッタリに来てほしいといわれたのは)こんなことは初めてだったからです。東北支援ボランティア活動まで、否定されたのかと思うとショックでした。しかし、私は「お客さんに、失礼があっては申し訳ない」と、10時30分までに行き、気仙沼から来られた顔見知りの方々に挨拶をすませ、本の準備をし、5分前には席に座っていました。11時には、すでに数人の方がサインを求めて並んでいました。気仙沼の方は「また、気仙沼に来てくださいね」と、大変喜んでくださいました。

       その後、なかには「Aさんの方が正しい」と言って、「FB友達」を削除してきた方もおりました。それには、またまたびっくり。「それだけの人と思えばいい」とO氏はポツリ。世の中さまざまです。

       今年は、10時開場とのこと。また「9時30分に行く」と書くと、何か言われるかもしれませんが、私は、お客様第一に考え、自分の信念のもとに動こうと思っています。ボランティア活動につまらぬ神経は使いたくないものです。

       

      漆原智良 * - * 15:27 * comments(4) * - * - -

      東京21日連続雨!

      0

         今日は雨がふらないか、と期待していたが「小雨」がパラリ。8月、東京はついに40数年ぶりの記録。

         AM 岐阜羽島のT小学校へ「あかりちゃんのつうがくろ」「ど根性ひまわりのキー坊ちゃん」のDVDを送る。事前に試映しておいていただこう。

         昨日仕上げた「伝記」を再度推敲したらもうお昼になってしまった。

         PM T編集部から「10月号の校正」が届いた。「ともだちなんかいらない」「チロリものがたり」「竹取物語」の3作。内田麟太郎さん、岡山伸也さん、越水利江子さんがかかわっている作品。

         「児童ペン大賞」の選考会議が近付いてきた。すでに、候補作として持参する作品は整理されているが、さらに熟読して、当日の会議の発言に誤りが無いようにまとめておこう。

         

         

          

        漆原智良 * - * 17:18 * comments(6) * - * - -

          10月津で

        0

           10月に津で講演します。予告は早いと思ったのですが、豊橋のOさんから「早く知らせてほしい」と要望があったので、掲載しました。また、近づいたら改めてお知らせいたします。翌、10日は岐阜羽島市です。

           日曜日だが、「偉人の少年少女時代」の原稿締め切りが近付いてきたので仕事しました。久方ぶり、久方ぶり雨の降らない一日でした。

           「青おにの会から」合評する作品候補の依頼があったので「4作品」選びました。

           銀の鈴社からは「童話作品集」への応募作品数の中間報告が入りました。テーマ『ゆめ』。まだ10日あるので、これからも集まることでしょう。楽しみです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          漆原智良 * - * 17:05 * comments(4) * - * - -

          のんびり

          0

             久方ぶりにのんびり休息。

             Mさんが、先日の富士美術館でのお話会の折の写真を、たくさん送ってくださった。それぞれに分けて、礼状を書き、送ってさしあげた。

             10月10日、岐阜羽島市の1000人在籍のT小学校で「ど根性ひまわりのきーぼうちゃん」と「あかりちゃんのつうがくろ」の上映とお話会を開くことになった。T小学校のI先生から連絡が入った。「強く生きる心」「思いやりの心」などについて、やさしく語ることにした。画家の吉田瑠美さんに連絡したら、「京都からなら近いから協力します」との返事。彼女はカンフーの先生なので、体育の日だから無理かな、と思っていたが、前日の9日でなければOKとのこと。また、児童の前でトークショーを行いましょう。終了後父母対象に講演会も…。

             

            漆原智良 * - * 16:48 * comments(2) * - * - -

            戦災体験を語る

            0

               AM6〜 起床。久方ぶりに曇天。AM10〜出発。羽村→立川→武蔵小杉→多摩川→下子安と3回乗り換えて会場到着。

               会場満席。戦場体験者も多く見られた。中には、「特攻隊の盃」まで持参してくださった方も…。各委員会の「戦争に関する資料」の展示も勉強になった。

               PM14〜 中野さんの、戦時中の紙芝居や、地雷、手投げ弾などの実物公開とお話。

               続いて、私の「戦時中の生活、疎開体験、東京大空襲のこと、その後の生き方」などを語る。FB友の深澤さんが、山梨県・身延から駆けつけてくださった。また、きょうも拙書「ぼくと戦争の物語」(フレーベル館)完売。

               体験者の高齢化によって「悲惨な戦争を次世代にどのように伝えていくか?」と、さまざまな課題も残った。 

              漆原智良 * - * 21:01 * comments(2) * - * - -

              今日も小雨

              0

                 今日も小雨。東京は17日連続降雨の記録。いつまで続くことやら…。

                 山形の鈴木征治さんから「8月10日の、児童文化功労賞受賞祝賀会の様子が新聞に掲載された」と、山形新聞が送られてきた。町長と私が代表で祝辞を述べたことも記されていた。

                 AM PCと印刷機の接続が不良。パソコン技術者のKさんを呼んで回復してもらった。

                 PM R銀行のIさん来宅。さまざまなことを学ぶ。

                 今月の書評執筆、最後の1本を仕上げた。

                 雨が上がった。外に出たい。プールに行かずに、少しばかり歩くことにした。

                 

                漆原智良 * - * 16:38 * comments(2) * - * - -

                18日「戦災体験と未来」を語る。

                0

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   東京は、きょうも雨。半月以上雨がふり続けてている。

                   明後日の18日「いま、できること」と題して「戦争体験と未来への目」を大田区で語る。大事な話なので引き受けた講演。それだけに準備万端整えていかなければと、朝から「構想メモ」作成。昨夜NHKテレビで「インパール作戦」を見ただけに、戦争の悲惨さが胸の奥に痛く染み込んでいる。戦争は一夜にして人生を変えることを訴えてこよう。

                   一段落してから、次号の「書評」の本を選び執筆。夕方になっても雨は降り続く。

                   

                  漆原智良 * - * 17:06 * comments(4) * - * - -

                  戦争体験者の高齢化

                  0

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     今日は終戦記念日。

                     「戦没者の妻の出席6名」(新聞記事)年々高齢化、次第に風化されていくことが懸念される。戦場体験高齢者が、今になって口を開き始めた。今からでも遅くはない。記録と残すために「戦場体験」「「銃後の妻の体験」「戦後のいっとき浮浪児と呼ばれた体験」……その悲惨な体験を語ってもらいたい。

                     今日は、拙書「ぼくと戦争の物語(フレーベル館)、「わたしの8月15日」(共著・古田足日、大石真、立原えりか、灰谷健次郎、神沢利子、漆原智良ら20人・あかね書房)を取り出し、父母の仏壇に供え、平和への祈りをささげる。

                     疲れも取れたので、「青おに童話の会」に提出された原稿を読んで添削をおこなった。

                       わたしの8月15日

                    漆原智良 * - * 17:32 * comments(2) * - * - -

                    ゆったりお盆

                    0

                       昨日の疲れが出たのか、9時起床。月遅れのお盆。夏には珍しい27度。クーラー必要無し。

                       小雨模様、こんな時は、のんびりと過ごそう、と思ったが、昨日『あかりちゃんのつうがくろ』の本が完売し、「予約注文をいただいた方々」に、サインを入れて発送の作業。

                       PM 昨日、出版社の方から、次作絵本「カッパの話」の絵のラフを預かってきたので時代考証を確認。

                       昨日、Oさんから『秘島図鑑』(河出書房新社)の本をいただいた。読んでいたら、八丈小島の紹介に、拙書の「黒潮の瞳とともに」の文章が引用されていた。

                       秘島図鑑/清水浩史

                      漆原智良 * - * 17:46 * comments(6) * - * - -
                      このページの先頭へ