<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

コツコツと書く

0

     AM 妻が図書館へ行くというので手紙を頼んだ。テレビをつけたら、某大臣が「(被災地が)東北で良かった」と発言して更迭されていた。当然のことだ。

     三浦さんから、8月の秋田県・大舘市の講演会演題の再確認の問い合わせが入った。

    「ど根性ひまわりと共にあゆむ  −−3:10から3:11までーー」と返事したら、早速返事が届き「良いタイトルだ。素晴らしいです」と、おほめのことばをいただいた。

     朝方は、児文芸協会編集部のSさんから「評論」(10・11月号掲載)をほめられた。年老いても、ほめられると嬉しいものだ

     雑誌の書評の「推敲」をおこなっていたら、PCの調子が悪くなった。タスクバーのアイコンが動かなくなった。早速TCNに電話したら、「一時的なかたまりだ」という。電源を切ってしばらくしたら回復した。

     安心してコツコツと書き始めた。

    漆原智良 * - * 17:37 * comments(3) * - * - -

     チューリップさん「さようなら」

    0

       昨日の西川議員のFBで「羽村のチューリップが、26日に切られてしまうこと」を知った。「今年は、まだチューリップ畑へ行っていなかった。きょう、見に行かなければ……」と、焦ったら、差し歯が抜けてしまった。またまた、焦った。N歯科医院へ飛んで行ったら、すぐに治療してくれた。

       自転車でのんびりとチューリップ畑へと向かった。色とりどりのチューリップにうっとり。陽射しが強いので、蕎麦でも食べようかと思ったが、歯科医から「1時間は何も食べないように」と注意されていたので、水で我慢した。

       帰り、K中華店に入って「五目焼きそば」を食した。

       PM 推敲を終えた原稿を確認して、U出版社へエッセイを、日本児童文芸家協会へ評論を送稿した。一番乗りだろう?

       

      漆原智良 * - * 18:00 * comments(6) * - * - -

      八丈島から高畠へ

      0

         八丈島の岩崎由美先生(町議)が、山形県高畠町熱中小学校の講師として、高畠町へお見えになった。私が事前に連絡を取り、鈴木先生におねがいしておいた。それで、2日目、島津館長が駅まで出迎え、その後「浜田広介記念館の鈴木理事長が町内を案内してくださった」と、岩崎先生が、広介記念館前で撮った写真を送ってくださった。学校では、私の住んでいた八丈小島(現在は無人島)の話もしてくださったそうだ。

         高畠町の時沢小学校が一昨年児童数の減少で閉校となり、そのあと、成人のための学習校「熱中小学校」に変わった。

         その様子を知らせてくださった。

         近々、生徒(成人?)が10人ほど八丈島をたずねるそうだ。輪が広まっていく。うれしいことだ

         https://m.facebook.com/story.php…

         

         今日は一日雑誌「児童文芸」の原稿を書いていた。10月号で6月締切りだが、講演が入ってくるので早めに片付けた。

        漆原智良 * - * 17:02 * comments(4) * - * - -

        「あぐり☆サイエンスクラブ・春」を読む

        0

           のどかな日曜日。

           『あぐり☆サイエンスクラブ・春』(堀米薫作・新日本出版社・1400円+税・長編物語)を読む。サブタイトルに「まさかの田んぼクラブ!?」とある。5年生の学は、ある日「あぐり☆サイエンスクラブ会員募集」のチラシを拾う。「野外活動、合宿あり・毎週土曜日・クラブ費、月500円」。面白いことが待っていそうな予感。入会を申し込んだ。入会者は隣のクラスの雄成と、クラスでしっかり者の奈々の3人。入会してみると苗運びとか、どろんこ田植えなどが待っていた。親の間から「農業手伝いの怪しい会では❓」との声まで。ところが、田んぼには、自分たちが今まで知らなかった新しい世界や、胸がときめく発見があったのだ。一気に読んだ。最近、児童文学の世界に「泥や汗の空間」が消えているだけに貴重な作品。夏、秋、冬のつづきが楽しみ。農業に従事する作者であるからこそ、体験の中から言葉が紡ぎ出されている。

           

           読了後、昨日「構想を練った」短いエッセイの下書きを一気に書き上げた。数日寝かしてから、推敲を加え、U出版社に送ろう。

           

          漆原智良 * - * 17:18 * comments(4) * - * - -

          0

             9月までは講演が満杯。10月8日から「松坂→津→岐阜」と巡る予定を立てたが、「津」で、「午前は児童文学の話、午後は一般向きの話でお願いしたい…」ということになり、松坂はお断りすることにした。若ければ4連投も出来るが、傘寿を過ぎると3連投が精一杯の限度。改めて「松坂→伊勢コース」を考えることにした。

             10月9日の午後は『書いて笑ってイキイキ人生』(一般の方も参加可能)とした。津の議員さん、Yさん、Kさんに連絡を入れた。喜んでくださった。

             午後、妻とお茶を飲もうとしたら、丁度そこへ、兵庫県のXさんから「名菓・鹿児のもち」が届いた。老人にピッタリの、柔らかくてとろけるような上品な餅。

             「潮」7月号のエッセイの構想を練る。

            漆原智良 * - * 16:35 * comments(4) * - * - -

            0

               このところ運動不足なので、午前中自転車で市内をブラリ。

               今年になって、時折り膝が痛む。「いよいよ、歳のせいだ。講演も終わりか?」と、悩んだら頭まで痛み出した。

               「すべては早いうちに…」と、はじめてW整形医院へ飛んで行く。待合室は50人ほど。「ああ、これから、毎週治療に来るのだろうか」と、思っただけで、身体じゅうがいたくなった。

               1時間30分待たされて名前を呼ばれた。医師に痛み具合を話したら、レントゲンを数枚撮ってくれた。また待たされた。

               レントゲンの結果「膝はどこも悪くない。加齢で多少骨が減っているだけ…」ということで、「通院の必要無し。運動も大丈夫。まあ、痛んだら湿布でもしなさい」と、湿布薬を3袋もらって帰宅。ケロリと治ってしまった。

               元気が出て、午後は一気にある雑誌のエッセイを書きあげた。

              漆原智良 * - * 17:51 * comments(4) * - * - -

              白梅童話の会合評会

              0

                 

                 AM 9:30〜 山崎さんが拙宅まで迎えに来る。福生市市民会館内の講座会場へ。

                 AM 10〜  白梅童話の会の作品合評会。今回は7作品提出。それぞれが持ち味を生かした作品。事前に読んでおいた作品を全員で検討。活発な意見・感想が飛び出す。清原さん、栗林さんも見学参加。

                 終了後、今村さんが「ど根性ひまわりのタネ・7世」を全員にくださる。ご主人が、園芸を得意としているので「見事に育ったひまわりのタネ」をとってくださったのだ。

                 希望者のみ1階のレストランで昼食会。話しが弾んでつい長居。

                 

                漆原智良 * - * 16:56 * comments(2) * - * - -

                新山千春さんと対談

                0

                    暑い、東京は4月4日連続の夏日。鰻に負けた。朝寝坊して10時朝食。

                   PM1〜 電車で都心へ向かう。銀座の街は相変わらずの人混み。銀座ぶらぶら→うなぎの登亭へ。うな重に舌鼓。(3時昼食)。暑さを吹き飛ばした。

                   PM4〜 ニッポン放送スタジオ入り。今日は大スタジオでの収録。3週間分6作の対談。今回も「親切」を中心に感動的な作品がズラリ。早くも1年が過ぎた。新山さんとも息が合ってきたので、失敗もなく順調に進行。18時20分終了。(写真・終了後の疲れた顔)。ホリプロの担当者がSさんに変わった。

                   ◆放送予定日 ニッポン放送ラジオ夜9時〜 

                          5月1日(月)、8日(月)、15日(月)

                   

                   

                  漆原智良 * - * 21:24 * comments(4) * - * - -

                  4月の3日連続夏日

                  0

                     きょうも25・7度の夏日。3日連続の25度越え。まだまだ続くのだろうか? 昼間はポロシャツ1枚で過ごす。水分補給はしっかりと。ペットボトルだけは手放さない。

                     昨日、一昨日とブログに「ひまわりのタネとプランター」のことを書いたら、きょうも数軒申し込みがあった。20数粒ずつ袋に入れて投函した。

                     プロダクション、(株)ヘヴンエンターティメントから、「きょう0000さんが来たので、DVDを作成したい」と連絡が入った。何とか力になろう。

                     (=^・・^=)公園からは、タケノコが届いた。妻が「今夜は筍ご飯にする」といっていた。

                     そんなことよりも、明日は、3週間分の収録で、有楽町のニッポン放送スタジオへ行かなければならない。新山千春さんとの対談。再度作品を確認した。ああ、暑い!

                    漆原智良 * - * 17:52 * comments(4) * - * - -

                    プランター完成

                    0

                       「西多摩地方、午前中は快晴だが、夕方から雨が降る」との予報。

                       昨日「ひまわりのタネ」のことをブログに書いたら、数人の方から申し込みがあった。ひまわりの花を咲かせてほしいと願って、郵便で投函。

                       AM 妻とひまわり仕事。昨日天日干しし、動物園の肥料と混ぜておいた土をふるいにかけ、整った土を大きなプランターに入れた。汗をかいた。上着を脱いだ。一段落したらお昼だった。昼食が面倒だというので、コンビニに走って弁当を買ってきた。

                       PM 今年度の講演会用の資料を作った。話した内容を、白板や、投影に残さないと、聴講者が右から左になってしまうからだ。すでに、10月まで講演がつまっている。Rさんは、すでに今年度講演を締め切ったようだ。 

                       

                      漆原智良 * - * 17:29 * comments(2) * - * - -
                      このページの先頭へ