<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

TCNテレビの取材を受ける。

0

     

     AM 霙舞う寒い朝。

     AM10〜  TCN(多摩ケーブルネット)のテレビ取材を受ける。山本製作部次長と舞川れみさん(フリーアナウンサー・写真)来宅。拙書「火のカッパ」の話を中心に、戦時下の生活、空襲、疎開体験、平和について、さらに、被災地を風化させない活動などまで語った。12時終了。

     テレビ放送は3月10日から1週間。放送終了後、「TCNホームページ」に掲載予定とのこと。

     6月舞台公演予定の「あかりちゃんのつうがくろ」についてお、お願いしておいた。

     

     PM 松原図書館長来宅。自ら求めた「火のカッパ」に「サインしてほしい」とのこと。お話を聞いたら、お母様も、私の家(現在浅草5丁目)の近く、浅草花川戸で空襲を受けたとのこと。(旧)千束町の隣町だ。57歳で亡くなられたとのこと。それだけに、拙書を身近に感じてくださった。昨年2月、内田麟太郎さん、最上一平さん、私の「児童文学講演会」を企画立案してくださった館長さんだ。羽村図書館に寄贈した。

     

    漆原智良 * - * 18:02 * comments(0) * - * - -

    「あかりちゃんのつうがくろ」出演者募集

    0

       

       

       AM 7時に起床。理髪店に飛んでい行く。明日、TCNテレビ撮影があるのでサッパリしておこう。それに出張も間近い。

       帰宅したら、Iさんから「赤とんぼ」が届いていた。と、いっても飛ぶ蜻蛉ではなく、「赤とんぼ米」だった。「赤とんぼを呼び戻そうと、有機米の美味しいお米を生産しているのだという。売り上げの一部は「赤とんぼを呼び戻す運動に寄付」とのこと。こうした地道な活動に頭が下がる。

       

       拙書「あかりちゃんのつうがくろ」の活動開始。

       「あかりちゃんのつうがくろ」は、6月16日(土)舞台公演予定。

       主催は「あかりちゃんのつうがくろ」実行委員会。

       後援は羽村市教育委員会、羽村市体育協会、観光協会、商工会です。

       ただいま、ダンスパフォーマンス出演者募集中。
       プロの方が基本から楽しく教えてくれます。(指導→(蝓縫悒凜Д鵐┘鵐織謄ぅ鵐瓮鵐函

       プロダクション・ヘヴェンエンタテイメントの社長は、私の姪っ子。 

      漆原智良 * - * 16:37 * comments(4) * - * - -

      「児童ペン・新人賞」作品募集

      0

         平成30年度の「児童ペン・新人賞」作品募集がはじまりました。ふるってご応募ください(応募要項は下記)。

         表彰式は12月予定。「児童ペン大賞」授賞作家といっしょに表彰式に参加していただきます。

         

                  記

         平成30年度「児童ペン新人賞」作品募集
        <賞の概要>
         ‘枯辰泙燭六蹐凌型雄酩覆鯤臀犬靴泙后
        ただし、童話や童話作品集、詩集や詩選集などの書籍として未出版かつ未受賞の作品。
        ◆/刑遒魎靄椶箸掘歓迎します。若者の新しさや熟年の経験と熱意を求めます。...
         二重応募や二重受賞を避けるため、応募者に御注意をお願いします。
        ・同人誌など非営利冊子への既発表作品は可。
        ・原稿料や謝礼を既に受けけている作品は、著作権や使用権の問題上、基本的に不可とします。
        (新聞や商業誌に投稿し掲載された場合など、既に公表された作品は不可・他の賞の入選作、および佳作であっても作品名や氏名が公表されたものは不可。

        <応募要領>
        ・童話部門=400字詰め原稿用紙10枚以内(部門名・題名・作者名の5行を含む)
        ・詩部門=400字詰め原稿用紙2枚以内(部門名・題名・作者名の5行を含む)

        ・原稿の書き方
        *1枚目の原稿用紙の右空欄に、郵便番号・住所・氏名を明記して下さい。ペンネームを用いる場合は本文にペンネーム。(図を参照)
        *パソコンやワープロ原稿の場合は20字×20行の設定とし、升目は印刷しないで下さい。
           (入選作品発表の際に、原稿の光学的な読取り作業の妨げになり、電子原稿を改めてお願いすることがあります)
        *手書きでも優秀な作品は、こちらで対応します。
        ・締切:毎年の6月末
        ・発表:毎年の8月初旬(当ホームページにて発表。賞状と粗品を贈呈。冊子『児童ペン』誌上に作品を掲載)
           12月の「児童ペン賞」贈呈式で表彰。

        ・送付先:〒213-0001 川崎市高津区溝口2−13−23−501
         日本児童ペンクラブ・児童ペン新人賞 係
        詳細→http://jidoupen.web.fc2.com/

        漆原智良 * - * 17:40 * comments(4) * - * - -

        早起きは三文の徳

        0

           昔の人は「早起きは三文の徳」と、よく言ったものだ。

           AM 6時起床。7時朝食。8時20分家を出る。羽村市役所へ。「平成29年度の確定申告書」の提出。去年、10時に行ったら午前の受付は終了していた。そんな、苦い経験があるので、きょうは長編小説をもっていった。9時から始まるのだが、すでに30人程が…。ところが「書類作成済み」なので、「2番」だった。9時3分に呼ばれ、即終了。9時半帰宅。今日の予定は終わった。あとは、おまけの時間。ホッとして、一休み。

           PM 作品をポチポチ書いて一日が終わる。

           夕方,M新聞に「火のカッパ」の書評が載ると連絡が入った。

          漆原智良 * - * 18:43 * comments(4) * - * - -

          平和を家庭で語り合おう

          0

             

             AM 18日付の聖教新聞に「平和を家庭で語り合おう」の記事が掲載されたので、早朝からメール、フエイスブクなどに友の声が舞い込む。その対応。「インタビューの形で執筆」ということだったので、いつも思っている、考えていることことをのべた。日本の上空を核弾道ミサイルが平然と飛んだり、迎撃だ、と騒ぎ立てる時代。「戦争のむなしさ、平和の尊さ」を真剣に考えたいものだ。

             11時、Iさん来宅、私と、Uさんを日中友好音楽会に招待したいと来宅。

             Uさんには、舞台公演「あかりちゃんのつうがくろ」の準備でお世話になっている。市の教育委員会、観光協会、商工会などの後援を取り付けてくださった。6月16日(土)羽村市「ゆとろぎ」にて公演予定。

            漆原智良 * - * 16:02 * comments(4) * - * - -

            また、広告が

            0

              AM 土曜日だが、長編の原稿に取り組んだ。階下では「冬季オリンピック・フイギュアースケートが、金銀の入賞だと喜んでいた。FBにもそのことが次つぎと寄せられてきた。おめでとうございます。夕方には将棋の藤井さんが15歳6ヶ月で六段になったと報じていた。若者の時代だ。これまたおめでとうございます。

               国土社が、「毎日新聞」にまた広告を載せてくださった。同じ、日本児童文芸家協会の金治直美さんの作品と並べてくださった。

               日本児童ペンクラブから来月総会の案内が届いた。

               執筆が疲れたので拙宅の斜め前に出来た「Fマート」へアンマンを買いにいったら、「新装開店」ということで、2個で100円ちょっとだった。たまには買い物も良いものだ。

               

               

               

               

              漆原智良 * - * 18:14 * comments(4) * - * - -

              「火のカッパ」広告

              0

                  

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                AM 某会から「私の本が全部ほしい」という電話が掛かってきたので、手許にあるだけ荷造りして送った。毎年、会の予算で購入、学校に寄贈してくださっている。

                 国土社から「毎日新聞と毎日小学生新聞」に広告を出したと、送ってきてくださった(上記写真)。力を入れているそうだ。有難いことだ。

                 PM  久方ぶりに、長編に取り組んだ。⒉〜3日休んで他の仕事をしているとボケてしまう。一度手を休めることの怖さだ。

                 今日から、確定申告の受付が始まる。去年1時間も待たされたので、市の税務課に電話したら「2月下旬から3月上旬が、良い」とのことだった。

                 S新聞社から「18日に、ご執筆頂いた記事が掲載される」と連絡が入った。内容「人権・平和について、家族で話し合おう」。『火のカッパ』を絡めて書かせていただいた。

                漆原智良 * - * 17:53 * comments(2) * - * - -

                讀賣新聞の取材

                0

                   AM10〜 讀賣新聞社のI記者さん、拙書を数冊抱えて再度来宅。「社会面記事にしたいので、さらに深くお聞きしたい」とのこと。拙書『火のカッパ』から、作品の底に流れている裏話、さらには私の戦後の歩み。6年生で戦災孤児になり、自宅跡地の瓦礫発掘の思い、祖父母に引き取られたがインフレに泣かされたこと、商家奉公へ出て横松電機店での子守り(のちの立松和平)した時代のこと、、高校・大学時代のこと、60安保闘争のこと、孤島教師時代のこと、次世代への伝言などを語る。妹さんが北海道にいるとのことで「北海道銘菓」までいただいた。終了後、妻を交えて歓談。じつに明るくて、爽やかな記者さん。

                   

                   PM 昨日仕上げたK新聞の原稿をさらに推敲し、顔写真と共に新聞社に送る。

                   2つの仕事を終えたらホッとして、きょうも長篇執筆はお休み。

                   3月9日の「時忘れじの集い」に参加するとのメールが飛び込んでくる。

                   

                  漆原智良 * - * 17:54 * comments(4) * - * - -

                  海老名香葉子さんと電話で

                  0

                     AM 今日は朝から「火のカッパについて」の3枚依頼原稿に取り組んで、一本仕上げた。

                     児童文学作家の村上しいこさん、森川成美さんも紹介文を書いてくださったのでフエイスブックにシェアさせていただいた。

                     ↓

                     https://www.facebook.com/tomoyoshi.urushibara

                     

                     今日はバレンタインディだ。チョコレートケーキまでいただいた。妻が「明日のY社の新聞記者さんと一緒にいただきましょう」と。明日はしゅざいははいっていた。

                     イタリア在住の佐藤まどかさんが「ぼくのネコガロボットになった」(講談社)を上梓された。おめでとうございます。

                     

                     PM 海老名香葉子さんから電話あり。私が3月9日、気仙沼のTさんが牛乳配達後に上京、秋田のMさんが千羽鶴を折って夜行バスで上京と書いて「昼食会 3名で参加」と連絡したので、感動したと電話をくださったのだ。孫さんの話、作品の話など近況を語り合う。近々「徹子の部屋」に出演すること、「3月9日、小池知事さんも来てくださる」とのこと。共産党の小池さんは毎回出席してくださっていたが、都知事の出席は初めてだ。

                     

                    漆原智良 * - * 18:31 * comments(6) * - * - -

                    今日も「火のカッパ」に……。

                    0

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       AM 妻が気功に行く日なので、のんびり長編でも書こうと思っていたが……。

                       電話が次つぎと舞い込む。

                       Y新聞社Iさんから、「先日『火のカッパ』を取材したが、デスクから、これは東京版ではなく、全国社会面記事だ、といわれたので、再度取材させてほしい…云々」の電話。15日に決める。

                       K新聞社Aさんから、「作品『火のカッパ』を書いた動機、思い、大空襲との関連、戦争のむなしさ、悲惨さなどを自由に書いてほしい」と、飛び込み原稿依頼。

                       夕方、TCN(多摩ケーブルテレビ)から、「『火のカッパ』を読んだので、取材させてほしい」との依頼。22日に決める。

                       

                       東京大空襲「時忘れじの集い」に、T氏、M氏の参加の旨を添えて投函。

                       中古品買取屋さんがきたので、古いパソコン、印刷機、テレホンカードなどを売り払った。

                       今日も原稿が手につかぬまま暮れていく。

                      漆原智良 * - * 17:21 * comments(4) * - * - -
                      このページの先頭へ