<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「あかりちゃんのつうがくろ」舞台の余韻

0

     

     今日も梅雨空。昨日のダンスパフォーマンス劇「あかりちゃんのつうがくろ」舞台の余韻が駆け巡る。

     昨日終演後の「出演者と実行委員」の記念撮影。100名を越えた。みんな協力者。劇を通して羽村市の一体化だ。

     著名な作家、木村裕一さん(あらしのよるに)、内田麟太郎さん(ともだちや)ら20数名もそっと来場。林家カレー子さん、他県の視察団も…。

     朝から、メールが続々と舞い込んだ。「トーク時間が短いのでは?」「いや、短くて良かった」からはじまった。私は、「子どもが大勢観ている。作者・画家は顔見世(紹介)だけでいいのではないか。作品の意図が伝わればよいのではないか」と回答。画家吉田瑠美さんのカンフー(元日本チャンピオン)はおまけ。このおまけが好評。とにかく、お客さんに、作品の内奥する楽しさが伝わればよい。今回は、新趣向で制作。場面に応じた「投映+朗読+演技+音楽」で「童話の国」が染み込めばよい、と思っていた。それぞれの場面が抽象化されたダンス、演技で展開していく。見事な演技だった。幼稚園児の、タイコ(つるの恩返し)、体操(七匹の子ヤギ)の演技には思わずホロリ。羽村一中吹奏楽部も特別出演(吹奏楽全国一位)(ブレーメンの音楽隊)の演奏はさすが。エンディングのバンドもすばらしかった。リフレンズの舞。最高潮の盛り上がり。フィナーレで再登壇したときは胸が熱くなった。

     

     今日は執筆を休んで、来場者へのお礼文を書く。心地よい疲れ。

     私の作品の舞台化は「風になったヤギ」(旺文社)、「東京の赤い雪」(フレーベル館)についで3作目。今回が一番充実していた。

    漆原智良 * - * 17:48 * comments(4) * - * - -

    「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演。大成功

    0

       小雨時どき晴れ。

       今日は拙書「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演日。10時、嶋田さんのお迎えをうけて会場入り。

       吉田瑠美さんと打ち合せ。やがて、東北、北関東、東海の方々来羽。久方ぶりに再会挨拶を交わす。

       11時 リハーサルで立ち位置確認。

       13時続々来場。長い行列。たちまち満席。

       13時55分 湯沢実行委員長の挨拶、羽村市長の挨拶。

       14時、トークショー開演。続いて朗読ダンス劇。

       詳細は後日。今夜は疲れたので、大成功の報告まで。

      漆原智良 * - * 21:05 * comments(8) * - * - -

      明日の本番に向けて

      0

         小雨。西多摩は18度。3月の気温だ。

         AM 明日の出演に備えて歯の矯正のため、N歯科へ。トークショーの最中に「差し歯」が抜けたら大変だ。

         帰宅して、明日の準備。

         PM I実行委員来宅。私の「リハーサル出番の時間」「立ち位置の確認」「サイン会のこと」など、丁寧に説明してくださる。

         明日配布する、写真入りパンフレットも届いた。裏面に協賛者、協力者の氏名や会社名が掲載されていた。80件を越していた。有難く感謝したい。

         当日はほんとうに満席になりそうだ。2階席は羽村の生徒で埋まるという。

         林家カレー子さんから「孫を連れて行く(こっちゃん)」と電話が掛かってきた。

         Iさんと打ち合せ中に、花屋さんがやってきた。Mさんからの贈り物だという、かつての羽村中学時代の教え子だ。

         夕方まで話し込み、明日に備えての万全の準備。執筆どころではなかった。

         遠方から(岐阜県、栃木県、宮城県など)自動車で来る方がいるので駐車場の確認をして連絡を入れる。

         

         

         

        漆原智良 * - * 17:19 * comments(6) * - * - -

        散髪へ

        0

           梅雨の晴れ間。いよいよ明後日「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演。当日の予報「曇り時々雨」。

           近所の方が、チケット4枚駆け込み購入してくださった。有り難いことだ。「おおいり(大入り)」間違いなし。

           ちょっとばかりさっぱりしようと、予約しておいたK理髪店に向かう。教え子の理髪店のご子息が「近々結婚する」という嬉しいニュースまでもらってきた。隅田川のクルーザー船で行うとのこと。結婚式も新式になったものだ。

           帰宅したら、実行委員会から途中の経過報告。まだ増えそうだ。

           気仙沼のTさんにも連絡を入れた。東北からの参加者、いまのところ、全員元気で参加予定とのこと。

           一安心したので、PCに向かって、ある作品の「あとがき」を書いた。

           

           画家の吉田さんを紹介しよう

           よしだるみ[ヨシダルミ]
          吉田瑠美。1983年東京・渋谷生まれ。幼少期をニューヨークで過ごす。青山学院女子短期大学芸術学科卒業。2012年京都に移住したのを機に絵をあらためて描き始め、東京、京都を中心に定期的に作品を発表している。現在は主に子供にクレヨン画の授業を行いながら絵を描く日々。絵本は『あかりちゃんのつうがくろ』が初めて。

           

           

          漆原智良 * - * 18:06 * comments(4) * - * - -

          郵便の一日

          0

             今日も朝方どんよりしていた。ところが午後から晴れ間が見え始めた。

             書きたまっていた郵便物を自転車に入れてポストへむかった。動物公園前まで来たら、同園玄関改装中のため通行止め。通ろうとしたら「ダメ、ダメ、ダメ…」と止められた。公共施設優先なので、「手紙を出すのだが」といったら、係員が恐縮していた。ポストがあるのに知らなかったのだろうか?

             j協会から手紙が届いた。入金のお知らせだった。宛名が「羽村市緑ヶ丘」だけで届いていた。びっくりした。それほど有名人ではないのによく届いたものだ。緑ヶ丘は、広くて1〜5丁目まである。市の人口の三分の一はいるのではないか? 今後も、間違われて投函されたら困るので、注意するようにと書いて、「緑ヶ丘」封筒をコピーし、また投函しておいた。

             夕方、自宅の郵便受けを覗いたら、近くに住む作家のMさんが、自分で書いた「000通信を同封し、新刊」を届けてくれた(ようだ)。切手が貼ってないからすぐにわかった。シャイな彼は、マラソンでいつもそっと入れていく。それにしてもMさんは、出版点数が多い。早速礼状を書き、封筒に「株式会社000通信社社長 M様」と、ユーモラスな宛名を…。また、夕方の散歩に出てM宅にポトン。

             やはり、晴れ間の散歩は気分がいい。

             

             

            漆原智良 * - * 18:12 * comments(2) * - * - -

            米朝首脳会談

            0

               Xテレビ局天気予報「12日は台風一過、晴れ。東京の気温30度、熱中症に注意」。と、いうことで、朝からTシャツ1枚。ところが気温が22度から上がらない。午後から雨。長袖に着替えて、自宅にこもりっきり。

               AM 10時から「米朝首脳会談がおこなわれる」ということで、テレビにかじりついた半日。今後世界がどのように動いていくのか注視していかねばならない。

               劇の公演の方は実行委員会におまかせ。委員会から「前日夜の、リハーサルには来なくてもよい」との連絡が入ったので一安心。

               私関係の方(入場者)は60名ほど。「漆原受付」に申し出れば案内してもらえるように手配してあります。

               私は、当日9時40分迎え、10時に楽屋入りの予定。

                  

                                                                小さな動物公園のアイデア園長―羽村市動物公園物語 (ヒューマンノンフィクション)

               

              漆原智良 * - * 17:43 * comments(6) * - * - -

              最後のPR

              0

                 

                 台風5号が伊豆諸島を直撃したらしい。一日雨。18度しかなかった。

                 いよいよ今週に迫りました。実行委員から「フエイスブック」にいっせいPRをお願いしたい、ということなので、「ブログ」でも最後のPRをいたしましょう。『あかりちゃんのつうがくろ』舞台公演。上記の本が先に上梓されました。それをうけて「あかりちゃんのつうがくろ」が出版されたのです。そして劇化……。

                 あと5日に迫りました。『あかりちゃんのつうがくろ』舞台公演。16日PM14〜羽村市ゆとろぎ大ホール。

                 チケット前売り(2500円)残り僅かとなりました。希望者は→042-554-1446(漆原まで)、私は実行委員ではないのですが「取り置き)扱っています。 
                 当日、全国吹奏楽優勝の羽村一中吹奏楽部員や、幼稚園の園児たちも多数特別出演します。観客席には、著名な童話作家が大勢来られます。「あらしのよるに」の木村裕一さん、「ともだちや」の内田麟太郎さんをはじめ、最上一平さん、高橋秀雄さん、工藤純子さん、森川成美さんなど30人程。また「天国にとどけ!ホームラン」のモデルの千葉清英さん(気仙沼でか家族7人も亡くされた)、漫才の林家カレー子さんなども…。もしかすると、あなたの隣に座っているかもしれませんよ。

                 

                 

                 

                 

                 

                漆原智良 * - * 17:50 * comments(6) * - * - -

                寒暖の差が激しい

                0

                   今日の東京は22度。午後から本降り。伊豆諸島に台風5号接近中。気温が上がらないので長袖シャツにチョッキで過ごす。寒暖の差が激しいので用心しないと体調を崩してしまう。

                   PM 劇の実行委員のIさん来宅。現在までのチケット販売状況、賛助金(寄付金)の中間報告、招待者の座席、チケット僅少、各係りの配置についてなどの報告あり。ついに1週間を切った。残り5日間が勝負。

                   雨で散歩にも出られず、一日「長編の推敲」をおこなって過ごした。

                   自動代替テキストはありません。

                   

                   

                   

                  漆原智良 * - * 18:31 * comments(2) * - * - -

                  いよいよ来週の土曜日

                  0

                     東京は今年初めての真夏日(31度)になった。クーラーをかけて冷水を飲むと腹をこわすので、ポロシャツと自然の風で耐えてみた。いまからクーラーに頼ったら真夏はどうなるのか? なんて考えた。

                     いよいよ迫った.来週の土曜日は「あかりちゃんのつうがくろ」公演の舞台に立つ。作者と画家のトークショー。話したいことは山積しているが、15分の中に凝縮させなければならない。

                     ある長篇の推敲を終了したら、どうしても「はじめにの章」を書き直したくなった。原稿用紙6〜7枚だから一気に書いてしまった。土曜、日曜は電話が少ないので執筆が進む。

                     早く仕事を切り上げて、のんびりと休息した。

                        「あかりちゃんの...」の画像検索結果

                     

                     

                     

                    漆原智良 * - * 17:30 * comments(6) * - * - -

                    写真の整理

                    0

                       梅雨期だが西多摩は晴れ。妻は、友だちと会うといって都心へ出て行った。

                       AM 昨日届いた「雑誌」をコピーしてきて、作者に送った。一緒に「『火のカッパ』物語の奥にあるものを掴んでもらいたい」の記事も同封した。さらにおまけに『あかりちゃんのつうがくろ』チラシまで……。

                       劇への賛助金がさらに集まったと、Kさんから連絡が入った。ホッと一息。賛同者に感謝しなければならない。座席もあとひと息だそうだ(850人はいれる)。

                       ある出版社から「何枚か幼児期の写真を……」と頼まれたので、写真の整理をはじめた。東京大空襲で家財は全て焼けてしまったが、親戚、知人に送っておいた写真が、終戦後もどってきていたので助かった。

                       最近の写真も整理していたら、何千枚と出てきたので、途中でお手あげ状態になってしまった。

                       PM 児文芸協会から添削原稿が届いていたので、その作業に取り組んだ。

                       

                       

                      漆原智良 * - * 17:39 * comments(2) * - * - -
                      このページの先頭へ