<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「あかりちゃんのつうがくろ」DVD | main | 幼稚園へ >>

児童ペン新人賞

0

     

    「児童ペン新人賞」(2017年度)・募集
    <賞の概要>

     〇蹐泙燭脇枯辰凌型雄酩覆鯤臀犬靴泙.
    ただし、童話や童話作品集、詩集や詩選集などの書籍として未出版かつ未受賞の作品。...
    ◆/刑遒魎靄椶箸掘歓迎します。若者の新しさ、熟年の経験と熱意を求めます。
     二重応募や二重受賞を避けるため、応募者の注意をお願いします。
    ・同人誌など非営利冊子への既発表作品は可。
    ・原稿料や謝礼をもらった場合は、著作権や使用権の問題上、基本的に不可とします。
    (新聞や商業誌に投稿し掲載された場合など、既に公表された作品は不可)
    ・他の賞の入選作および佳作であっても、作品名と氏名が公表されたものは不可。
    ぁ‖衞召諒儿垢篷槓犬凌籀覆蓮△發箸茲蟶郤圓亮由と責任の範囲で<応募要領>
    ・童話部門(400字詰め原稿用紙10枚・題名と氏名を含む)
    ・詩部門(400字詰め原稿用紙2枚・題名と氏名を含む)*1枚目の原稿用紙の右空欄に、郵便番号・住所・氏名・年齢を明記して下さい。ペンネームを用いる場合は本文にのみペンネーム。(図を参照)
    ・締切:2017年6月末
    ・発表:2017年8月初旬
    *当ホームページにて発表。賞状を授与。冊子『児童ペン』)誌上で作品を紹介。

    ・送付先:〒213-0001 川崎市高津区溝口2−13−23−501

               日本児童ペンクラブ・児童ペン新人賞

     

     上記、日本児童ペンクラブの「新人賞募集」のお知らせを「FB」に発表したラ、朝から問い合わせが舞い込んだ。

     川端康成さん、大宅壮一さんが創設して早や47年。去年から「新人賞」を設けた。

     

    漆原智良 * - * 17:10 * comments(10) * - * - -

    コメント

    応募作が多くて選考が大変そうですね。
    嬉しい悲鳴を通り越すほどに来るのではないでしょうか。
    Comment by 内田麟太郎 @ 2017/03/15 7:54 PM
    >内田麟太郎さんへ
     一人でも多く、新人を発掘し、世に送り出してあげたいのです。賞状一枚でも、励みになればよいのかな、と思っています。じつはG社でも、今年から、アンソロジー(新人作品)を企画しているようです。編集委員を承諾しました。児文協からも、応募お願いいたします。
    Comment by うるうる @ 2017/03/15 9:48 PM
    児童ペン新人賞に女性教師も
    勇気付けられた一人です。
    3月末まで学校の事で一杯一杯の様です。
    今日も姉妹で大事そうにチョコを
    頂いておりました。
    大変、申し訳なく存じます。

    加藤京子さま

    思いがけなく久留米にご縁が
    おありなのですね。
    最近、人の&#32227;の不思議さを
    思う事がありました。
    どうぞ、宜しくお願い致します。
    Comment by 絵本の河 @ 2017/03/15 10:34 PM
    加藤京子さま

    文字化けした様です。
    人とのご縁の不思議さを
    思う事がありました。
    でした。
    Comment by 絵本の河 @ 2017/03/15 10:36 PM
    >絵本の河さんへ
     ・これをご縁に加藤さんと仲良しになってください。
     ・教師と女子大生を間違えました。13日付のブログで謝りました。
    Comment by うるうる @ 2017/03/15 10:53 PM
    >加藤京子さんへ
     絵本の河さんのお嬢さん、去年「児童ペン」入賞しました。未来の作家です。
    Comment by うるうる @ 2017/03/15 10:58 PM
    漆原先生
    おはようございます。
    昨年の12月の様々な場面が浮かんできました。
    あのときの多くの方との出会い、再会を嬉しく思いました。
    前に進まなきゃ、頑張って書かなきゃと思います。
    今日のブログを拝見して身が引き締まる思いでした。
    Comment by 菜の花 @ 2017/03/16 7:06 AM
    >菜の花さんへ
     あの作品、何とか世に送り出しましょう。今年は12月1日が授賞式。前受賞者としても、後輩を励ましてください。
    Comment by うるうる @ 2017/03/16 10:02 AM
    先生、おはようございます。
    たくさんのご縁を本当に有難うございます!(^_^)


    絵本の河さま
    久留米は本当に良いところですよね☆
    縁あって、娘は2年半前から、福岡市城南区で娘婿、6人の子、お義母と暮らしています。仙台から夫と二人、孫達に会いに行くのが、今は一番の楽しみです&#10084;
    これをご縁に、これから宜しくお願いします。(*^^*)
    Comment by 加藤京子 @ 2017/03/17 6:43 AM
    >加藤京子さんへ
     いま、東京新聞の取材が終わって、記者が帰りました。夕方は「岸監督の出版記念会」へ出かけます。千葉清英さんも、そろそろ気仙沼を発つことでしょう。
    Comment by うるうる @ 2017/03/17 10:20 AM
    コメントする









    このページの先頭へ