<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 児童ペン新人賞 | main | 東京新聞記者来宅 >>

幼稚園へ

0

     朝から嬉しいことが続く。

     Kさんから「今年で閉園になる幼稚園に、『あかりちゃんのつうがくろ』(垣内出版)を、卒園生にプレゼントしたいのでサインを入れて送ってほしい」と連絡があった。はなしによると、今年で被災地の仮設住宅を出なければならず、みな離れ離れになるのだという。嬉しいような、悲しいような……東日本復興の道のりは険しい。

     Tさんから「ぼくと戦争の物語」(フレーベル館)をサイン入れて送ってほしい、と依頼された。こちらも30冊にサイン。

     天気も良いので、のんびりと郵便局まで自転車を走らせた。

     あすは、新聞社来宅と、岸監督の出版記念会で、仕事ができないので、きょうチョッピリ進めた。

    漆原智良 * - * 17:09 * comments(8) * - * - -

    コメント

    作者サイン入りの卒園記念品、何て素敵なプレゼントなのでしょう!
    Comment by 絵本の河 @ 2017/03/16 7:30 PM
    >絵本の河さんへ
     感激しました。私も「被災地支援」に、何かプレゼント持参しましょう。
    Comment by うるうる @ 2017/03/16 8:21 PM
    嬉しいような、悲しいような・・
    でも、一生の記念になる素敵なプレゼントですね!!
    岸監督のお話も、今度伺わせてくださいませ。(^^)
    Comment by 加藤京子 @ 2017/03/17 6:49 AM
    サイン作業は大変ですが、ありがたいことですね。
    お声を掛けてもらえるだけでも。
    Comment by 内田麟太郎 @ 2017/03/17 8:06 AM
    >加藤京子さんへ
     幼稚園の閉園(家族が離散)は、悲しいですね。せっかくなれたのに、仮設住宅を出なければならないなんて……。何とかならないものでしょうか?
    Comment by うるうる @ 2017/03/17 8:08 AM
    亘理の仮設住宅に伺ったことがありますが、広さや設備がやはり・・

    私は中2でしたが、仙台港新設に伴う立ち退きで、生まれ育った家も無くなり、転校を経験しました。
    子供たちが、新天地で伸び伸び育っていくことを願いましょう。
    Comment by 加藤京子 @ 2017/03/17 8:36 AM
    >内田麟太郎さんへ
     サインはつかれますが、お声を掛けていただけることに感謝しながら書いています。その後の、荷造りの方がシンドイです。でも、有難い作業です。
    Comment by うるうる @ 2017/03/17 10:05 AM
    >加藤京子さんへ
     「仙台港新設」という陰に、そういうことがあったのですね。家はなくなっても友の心は、どこかで結ばれていることでしょう。戦災地、私の浅草の仲間が、今でも集いますから…。
    Comment by うるうる @ 2017/03/17 10:09 AM
    コメントする









    このページの先頭へ