<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 童話教室の資料作り | main | 1234 >>

F病院へ

0

     AM6〜起床。AM8〜 F病院へ。

     AM9〜の予約。右手の爪がはれたので、主治医に書いてもらった紹介状を窓口へ。「もしかして、手術では❓」とまた、ドキドキ。待ち時間10分。呼ばれて診察室に入ったら若い女性医師。爪の表面を削っての検査。続いてカメラ検査。「水虫ではない。しばらく様子を見ましょう。2週間クスリを塗ってください」。今日は手術なし。「それで治らなければ皮膚検査をしましょう」とのこと。11時帰宅。ホッとしたので、それから朝食。

     PM 栃木県芳賀町教育委員会子ども育成課Aさんから電話あり。町内三校(小学校)の調整が出来たということで、10月26日(木)講演に伺うことに決定した。

     

     

     

    漆原智良 * - * 17:49 * comments(4) * - * - -

    コメント

    漆原先生
    子どもたちに向けた講演ですね。残念。
    Comment by ひでじぃ @ 2017/06/13 5:01 AM
    >ひでじいさんへ
     前日遅く宇都宮へ泊まって、翌日、三連投です。10月は、その前に「津〜岐阜」があるのです。スミマセン。
    Comment by うるうる @ 2017/06/13 9:11 AM
    手の指の水虫というのもあるんですね。頭のてっぺんにできたらと妄想しています。
    きっと治ることでしょう。
    Comment by 内田麟太郎 @ 2017/06/13 10:03 AM
    >内田麟太郎さんへ
     お帰りなさい。F病院へ行ってきました。ピンセットで爪の皮を4〜5枚取るので、なんだろうと思っていたら「水虫の顕微鏡検査」でした。抗生剤を塗って2週間様子を見て、次回皮膚検査だそうです。何とか、ポチポチパソコンを打っています。当分静かにしています。T小学校のT先生から「内田作品(ともだちや)の教室実践を全国国語研究会で発表したい」と電話がありました。
    Comment by うるうる @ 2017/06/13 5:49 PM
    コメントする









    このページの先頭へ