<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 三重県児童文学協会から | main | カッパ >>

岐阜羽島近づく

0

     AM 6時起床。朝一番で 2ケ月ぶりにF病院へ行く。皮膚科へ行って「指の治療」。「ケラチナミン・クリーム」を塗っていたら、いつの間にか指がきれいになっていた。当初、麻酔をかけて切開しようと考えていたらしい。「もう、心配いりません。もし痛くなったら、いつでもいらっしゃい。水曜日以外病院にいますから……」との女医先生のお言葉。今日も、またご赦免花が咲いた。

     帰り、紹介してくれた主治医に完治を報告。気功へ行く途中の妻にばったり会った。快気祝いに高級弁当を買った。

     PM 「三重の翌日は岐阜羽島に出没」(笑)と、FBに書いたら、Hさんが「吉田瑠美(画家・京都在住)さんとトークをおこなったときの写真」を張り付けてくれた。Iさんは「岐阜羽島の保育園に勤務したこともある」と、貴重な写真を張り付けてくれた。吉田瑠美さんは元カンフーの日本チャンピオン。トークの中で型でも見せてもらおう。世間は狭いものだ。

      ↓

     https://www.facebook.com/tomoyoshi.urushibara

     

     

    漆原智良 * - * 18:29 * comments(4) * - * - -

    コメント

    高級弁当がいいですね。
    完治、おめでとうございます。
    Comment by 内田麟太郎 @ 2017/10/04 6:31 AM
    >内田麟太郎さんへ
     おかげさまで足と指と「ご赦免花」が咲きました。ご心配おかけしました。のんびりと地方へ出かけてきます。
    Comment by うるうる @ 2017/10/04 8:22 AM
    ケラチナミンクリームは、確か尿素が入っているクリームですよね。
    「ご赦免花」は、例えるならどんなお花なんでしょう?考えてしまいました。
    Comment by 絵本の河 @ 2017/10/04 3:06 PM
    >絵本の河さんへ
     江戸時代までに、八丈島には流人が1900人ほど流されました。「赦免状」が届くと本土へ戻れました。それは「蘇鉄の花」が咲くころでした。それで、何かとお許しが出ることを、今でも「ご赦免花が咲いた」と言っています。つまり「蘇鉄の花」を指すのです。皆さまに紹介しましょう。
    Comment by うるうる @ 2017/10/04 4:36 PM
    コメントする









    このページの先頭へ