<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 秋の『くにたち童話の会』 | main | 羽村市の読書活動推進に…。 >>

下野新聞に紹介される

0

     AM 天気も良いので主治医の元へ健康診断。4か月に一回、毎回「異常なし」の言葉を聞いて安心して講演に走り回っているのだ。が、今回は、足首の剥離骨折で運動不足。どんな結果が出ることやら。血管がみえないので、腕時計をはずし手首から採血。

     ホッとしたので、Dコーヒー店に入りパンの朝食。

     帰宅したら、先日(26日)の「芳賀町3小学校巡回講演会」の様子が「きょう31日の下野新聞に掲載されていた」と、大島政春先生(今年度児童ペン新人賞受賞・青おにの会会員)から送られてきていた(写真)。栃木県では一番読まれている新聞だ。

     PM 「白梅つぼみ童話の会」の作品追加分が届いていた。添削に取り掛かる。

    漆原智良 * - * 16:46 * comments(6) * - * - -

    コメント

    下野新聞。秀雄さんもお世話になっている新聞ですね。写真の角度が上手ですねぇ。
    Comment by 内田麟太郎 @ 2017/10/31 5:53 PM
    >内田麟太郎さんへ
     写真=ホント、児童と向き合っているのに横から写し、しかも児童の頭が映っている。どうやってと撮ったのだろう?考えたら、眠れなくなってしまいます。東小は「森絵本店の近く」です。お子さんも児童の一人でした。一校目でしたから、まだシャンとしていました。地域版だと思うので?秀雄さんみられないのでは? でも、この新聞に秀雄さん時折り紹介されるそうです。栃木県の指折りの有名人だから…。
    Comment by うるうる @ 2017/10/31 6:08 PM
    漆原先生
    新聞、とってなくてすみません。失礼しました。配達と集金のおじさんとは話すのですが、下野新聞には年に一度お邪魔するくらいです。知り合いはたった一人です。でも、下野新聞社から講談社に入った編集者の方と会ったことがあります。
    お忙しそうですね。こっちはまだ、咳が続いています。
    Comment by ひでじぃ @ 2017/11/01 5:40 AM
    >ひでじぃさんへ
     下野新聞=秀雄さん、が浮かんでくるようです。私の同級生も何人か勤務していましたが、今はもうみんな退職。下野新聞とはほとんどご縁が切れていました。今回も、どこでどう取材されたのか、あいさつがありませんでした。ただ町役場の方から、「下野が入る」と聞き、「いいですよ」の会話だけでした。秀雄さんは、地元紙ですから、著書やエッセイなど、おおいにPRしてもらうといいですよ。「咳が止まらない」とのこと、お大事にしてください。

     
    Comment by うるうる @ 2017/11/01 9:11 AM
    下野新聞の先生のお写真いいですね!ご尊顔を拝し有り難く存じます。
    Comment by 絵本の河 @ 2017/11/01 11:06 AM
    >絵本の河さんへ
     朝一番の学校講演が終わったときの写真。三校目が終わったときはヘロヘロの顔。ああ、よかった!
    Comment by うるうる @ 2017/11/01 11:11 AM
    コメントする









    このページの先頭へ