<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 羽村市の読書活動推進に…。 | main | 虹の架け橋 >>

石巻で講演会

0

     

     

     

     

     

     11月3日〜5日、宮城県石巻市の視察と講演の旅に出た。東日本大震災から、3年8カ月の歳月が流れていた。

     天候に恵まれたことが幸いだった。気温も高く、それぞれの個所で、たっぷりと時間をとり、犠牲者のご冥福をお祈りすることが出来た。足首の骨折快復を心がけたので、杖を持ち、サンダル履きで失礼した。

     

     3日(祝) 11時20分 東京発。仙台で乗り換え、石巻へ。途中防波堤がかなり出来上がっていた。海も見えないほどだ。15時石巻着。この日は、夕方まで一人で見学や、視察。Hホテル泊。

     

     4日(土) 10時斎藤辰治さんの出迎えを受ける。車で、被災地各所の、その後の復旧ぶりを伺う。海辺近くは「国立公園になる」とのこと。まだまだ復興どころか、復旧の道を遠く感じた。

     拙書『ど根性ひまわりのきーぼうちゃん』の、ヒマワリが芽を出した跡地へ。3年前に訪れたときの場所から、整地の都合だろうか、多少移動していた。すでに、そこに加藤さんご夫妻が待っておられた。(写真はフエイスブックに掲載)。

     つづいて「虹の架け橋」(遠藤伸一さん制作)を見学(写真)。木工職人の遠藤さんは、津波でお子様三人(13歳・10歳・8歳)を亡くされたが、木工の腕を生かし、父の誇りを次世代にと、各地に「子どもたちの遊具=虹の架け橋」(写真)を制作しているとのこと。子ども三人の石像に思わず涙。お会いできなかったが、私に、「拍子木、ペン立て、箸置き」を作ってくださっていた。

     美味しいお魚の昼食をいただいてから、講演会場の市役所へ。午後14時開演。加藤さんご夫妻、嶺岸さんご夫妻、千葉清英さんら、仙台、塩釜、気仙沼など遠方からも駆けつけてくださり、イス席は満席。演題は『ど根性ひまわりと共にあゆむ』。14時05分から〜15時45分まで語る。

     夜は、R割烹で、斎藤さんご夫妻、黒澤健一さん(看板製作者)、千葉清英さんらと、被災地の今後の活動を忌憚なく語り合う。瞬く間の3時間。

     

     5日 早朝物産館見学。午後の列車で帰京。夕方帰宅。

     6日 石巻訪問中に舞い込んでいた事務的な処理。

     

    写真はフエイスブック→https://www.facebook.com/tomoyoshi.urushibara

     

     

     

     

     

     

     

    漆原智良 * - * 10:45 * comments(6) * - * - -

    コメント

    子どもに先立たれるほど辛いことは無いでしょうね。虹の橋にはお子様の願いもこもっていますね。
    Comment by 内田麟太郎 @ 2017/11/06 3:06 PM
    >内田麟太郎さんへ
     3日間のうち1日目と3日目は、大震災のその後の復旧の状況、光景を見てきました。2日目は「分単位」で行動しました。「虹の架け橋」の制作者・遠藤伸一さんにはお会いできませんでしたが、「逆縁」の話に胸がつまりました。亡くなった子どものために、木工遊具制作に誇りと、に生きがいを見出している姿、何とか世に広めて差し上げたいものです。
    Comment by うるうる @ 2017/11/06 6:03 PM
     この虹の架け橋の上から空を見ると、遊んでいる子供、悩んでいる子供も、頭にかぶさる雲や霧がとれて、心が晴れるかもしれないですね。 見晴らしのいい 虹の上なので。

     石像君たちが見守ってくれているし、子供たちは、遊びながら 心の拠り所 になるといいですね。

     それにしても私のサイトに使っている写真の石像君にそっくりです。びっくりです!
    Comment by 常田メロン @ 2017/11/06 9:57 PM
    >常田メロンさんへ 
     石像が同じ&#10067; ビックリです。あす、木工制作者の遠藤さん(石巻)とお会いします。尋ねてみましょう。津波で三人のお子さんを亡くされましたが、前向きに歩んでいます。
    Comment by うるうる @ 2017/11/06 10:07 PM

     有難うございます。サイトは作っていただいたのですが、石像くんのお顔が似ていて、驚きました゚(^^ゞ。 
     子供たちが、「ここの虹の上から空をみて、心を晴れにしよう!」とやってくる、そんな感じの素敵な名所となるように思います。
    虹の上からなら、頭にかぶさっている雲も霧も消えるよ、何といっても虹の上だから幸せになるよ、石像くんも見守っているから、安心して遊べるよ〜 みたいな幸せな場所になりますように。。 
    Comment by 常田メロン @ 2017/11/06 10:47 PM
    >常田メロンさんへ
     これから遠藤さんとあってきます。立川へ向かいます。
    Comment by うるうる @ 2017/11/07 8:42 AM
    コメントする









    このページの先頭へ