<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 明日は明日の風が吹く | main | 千葉さん >>

広介記念館で感想文審査

0

      

     

     

     

     

     

     山形県高畠町へ行っていたので、2日間ブログを休んでしまった。

     13日(土)読売新聞夕刊全国版に千葉清英さん(気仙沼・乳酸業。拙書「天国にとどけ!ホームラン」の主人公)が紹介されていた。あとでコピーする。(後日紹介)

     

     11日、大雪で山形新幹線の運休が心配されていたが、なんとか走ってくれた。それよりも中央線が乱れて、羽村駅で30分も電車を待った。来たと思ったら立川止まり。東京駅まで3時間。13時の山形行に乗車。広介記念館にあいさつした後、高畠駅の温泉に入って心身を休める。

     

     12日 浜田広介記念館へ。「ひろすけ童話感想文・感想画全国コンクール」の審査会。全部で1200余編。雪の壁に囲まれたひろすけホールの会議室で行われた。結果はマル秘。表彰式は3月3日。夜帰京。

     

     13日 入賞作を再確認、整理して、雑誌「児童文芸」に掲載作品を日本児童文芸家協会へ送る。また、冊子のための「感想文の書き方」を校正して浜田広介記念館に送る。

      

     

     

    漆原智良 * - * 16:39 * comments(4) * - * - -

    コメント

     無事でお帰りなによりでした。大敵が中央線だったとは家康もびっくりですね。ゆっくりおくつろぎください。
    Comment by 内田麟太郎 @ 2018/01/14 8:09 AM
    >内田麟太郎さんへ
     「難敵は身近にあり」とは、このことです。羽村駅で30分待ち。そのうえ座れず、立川止まり。山形へ行くより、東京まで出るのが難儀でした。油断大敵です。昨日はワインをいただいてゆっくり体を休めました。日曜日は9時起床という次第です。
    Comment by うるうる @ 2018/01/14 11:16 AM
    大雪だったので、女性教師と「漆原先生、大丈夫かな?」と心配しておりました。やはり、雪国の方たちより都心の中央線の方が乱れたのですね。無事、ご帰還に安堵致しました。
    Comment by 絵本の河 @ 2018/01/14 3:11 PM
    >絵本の河さんへ
     いやぁ、オドロキマシタ。隣の県では、「車中に15時間」、私が「都心に出るのに3時間」(中央線点検)。大雪の高畠町は「ひろすけ晴れ」という次第でした。足腰快復しからだはじゅんちょう。靴の底が壊れてペカペハ(笑)。ボンドで修復、何とか無事帰宅しました。ひまわりのタネいただいてきました。いつでもどうぞ…。
    Comment by うるうる @ 2018/01/14 5:12 PM
    コメントする









    このページの先頭へ