<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< またまた雪 | main | 戦時下の生活を見る >>

遠雷忌(立松和平を偲ぶ会)

0

     

     

     

     

     

     AM 9〜自宅を出る。時間が早すぎたので、日暮里駅中で休憩。コーヒーを飲んで一休み。

     11時50分 鶯谷で浦和隆一さんと待ち合わせ。彼の父、浦和一男君とは小学生時代の大親友。早く天国へ飛び立ってしまった。隆一さんと昔話をしながら法昌寺へ。

     今日は「遠雷忌・立松和平を偲ぶ会」。30数人が集まる、住職は、立松の親友、福島泰樹さん(住職、歌人)。参加者は、知床、岩国、鎌倉、宇都宮など遠方の方が多い。長女の山中桃子、夫の山中聡さん(俳優・兄は「相棒」出演の山中タカシ)も参列。住職の読経から始まり、お焼香、講話、墓参り……と続く。2時30分より近くの中華料理店に場所を移し、直会(なおらい)。PM5終了。

     帰り、日暮里で「羽二重団子」「恵方巻」を求めて帰宅。

     (写真はフエイスブックにも紹介)

     

    漆原智良 * - * 20:35 * comments(4) * - * - -

    コメント

    桃子さんのおつれあいは、俳優さんだったのですね。和平さんも皆さんにお集まり頂き、嬉しく思われた事でしょうね。お疲れ様でした。
    Comment by 絵本の河 @ 2018/02/03 10:29 PM
    >絵本の河さんへ
     山中聡さんがご主人です。私のFBに写真載せました。今日は仲間と会えた楽しい一日でした。
    Comment by うるうる @ 2018/02/03 10:41 PM
     福島さんは叫ぶ歌人としては存じ上げていましたが、立松さんのご友人だとは知りませんでした。立松さんも嬉しいでしょう。
    Comment by 内田麟太郎 @ 2018/02/04 3:25 PM
    >内田麟太郎さんへ
     福島泰樹さんは、昔から立松の親友で、立松作品の文庫本などにたくさん「解説」を書いています。当日の様子(写真)は、フエイスブックに載せました。「叫ぶ歌人」として、吉祥寺など各地で、「短歌」を叫ぶのか、歌うのかしています。立松の父(横松仁平)が亡くなったときは、朝から宇都宮に来てくださり、葬儀前に、一人でお経をあげていました。立松と親友なので、「台東区法昌寺」にもお墓を建てて分骨してくれたのです。
    Comment by うるうる @ 2018/02/04 5:28 PM
    コメントする









    このページの先頭へ