<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 戦時下の生活を見る | main | あたふたと…。 >>

北陸は豪雪

0

     AM 東京地方は穏やかなのに、北陸・山陰地方は豪雪とのニュース。

     秋田のMさんから「3月9日の東京大空襲忘れじの会に向けて、千羽鶴を折っている」と、連絡があり。有難いことだ。今年も、犠牲者の冥福を祈るために参加予定。

     K新聞社からも「そのうち、東京大空襲に向けての記事をお願いしたい」との電話。先日の、X社との記事と合わせて、だぶらない視点で執筆しよう。

     工藤純子さんが、『となりの火星人』(講談社)を上梓された。彼女は、昨暮「児童ペン賞少年小説賞」を受賞された作家。これからじっくり拝読。       

                       となりの火星人

      工藤純子さんが『となりの火星人』(講談社刊)を上梓されました。彼女は昨暮れ「日本児童ペン賞少年小説賞」を受賞された作家です。子どもには子どもの世界があり、それぞれの個性を生かして闊達にふるまっています。親分肌の子、勉強は嫌いだが人気者、友達との触れ合いが下手な子、すぐパニック状態に陥ってしまう子……そうした人間模様の絡み合いの中で、こどもは成長していくのです。そうした状態を、どれだけ優しく掌ですくい上げること、見守ることができるかが大人の役目でもあるでしょう。子どもの心情が生き生きと伝わってくる深みのある物語です。

      

    漆原智良 * - * 17:37 * comments(4) * - * - -

    コメント

     工藤純子さん、大活躍ですね。ひこ・田中さんの帯とはいいなぁ。「児童ペン賞」もきちんと入っていますね。
    Comment by 内田麟太郎 @ 2018/02/05 7:28 PM
    >内田麟太郎さんへ
     ありがとうございます。「児童ペン賞」も「石の上にも3年」です。でも、歴史は47年。有難いことです。
    Comment by うるうる @ 2018/02/05 8:59 PM
    漆原様、内田様、ありがとうございます!!ひこ・田中さんに帯を書いていただいて、とても嬉しいです!みなさんに支えられて、書いています^^
    Comment by クドジュン @ 2018/02/06 9:52 AM
    >クドジュンさんへ
     いつも「クドジュンさん」のペンの速さに目を丸くしています。あっという間に、長編を書きあげてしまうのですから……。スバラシイデス。
    Comment by うるうる @ 2018/02/06 10:18 AM
    コメントする









    このページの先頭へ