<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 中秋の名月だが……。 | main | あの世 >>

百歳

0

     昨夜、何度か外へ出たが「中秋の名月」は見られなかった。フエイスブック仲間の写真を見て満足した。

     羽村は「雨の予報」であったが、朝のうち、降りそうもなかったので市役所へ行った。用事を済ませた後、敬老会を欠席したので、妻の分と一緒に「ご褒美」をいただいてきた。「500円の商品券」だった。袋の中に、100歳以上の方の名前が紹介されていた。29人いた。その名簿の中に教え子のご両親も何人か見られた。

     帰宅したら町内会長が「緑ヶ丘3の敬老会は、10月14日」と、案内状を置いていった。同じ日に「はむら動物公園の40周年式典がある」と言ったら、「式典終了後出席しても間に合う」ということで「参加」にO印をつけた。

     PM、雨がどしゃぶりになった。出版社のKさん、Nさん、Yさんに電話して語り合った。

     山形県高畠町の親戚3軒が「29日の童話講座に参加したい」と電話してきた。かなり人数が増えそうな予感。

     夕方からポチポチと原稿の修正をおこなった。こちらも急がなければ……。

     

    漆原智良 * - * 17:10 * comments(4) * - * - -

    コメント

    親族一同童話作家の町ですね。
    Comment by 内田麟太 @ 2018/09/25 6:45 PM
    >内田麟太郎さんへ
     いやいや、「童話講座」を口実に会いたいだけです。みんな義理の甥っ子。
     
     「あれ」が商品券に化けました。交換今月いっぱいだそうです。
    Comment by うるうる @ 2018/09/25 8:23 PM
    今夜のお月様は、まんまるでした。女性教師は、永平寺などにも行った様でした。旅先の食べ物の話ばかりする食いしんぼの娘です。
    Comment by 絵本の河 @ 2018/09/25 10:38 PM
    >絵本の河さんへ
     永平寺と聞くと立松和平を思い出します。彼の修行寺でした。北陸といえば、やはり真っ先に浮かぶのは「食べ物」です。女性教師「しあわせだなあ」。
    Comment by うるうる @ 2018/09/25 10:47 PM
    コメントする









    このページの先頭へ