<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< きょうは「霜降」 | main | 月末の仕事 >>

こすずめとゆき

0

     快晴。霜降を過ぎたら寒くなった。

     AM  しばらく本の整理をしていなかったので、「書評した本」や「拙書」などを交えて、学校や読書文庫などに送った。一人でも多くの子どもたちが喜んでくれればうれしい。

     PM 深山さくらさんが絵本を上梓した。「こすずめとゆき」(深山さくら・文/黒井健・絵/佼成出版社刊)

      作者から「山形に帰省した。雪降る夜。こすずめたちはどうしているだろう?と考えたらお話がうかんできた」と手紙が添えられていた。

     内容→うろの中にいたこすずめは、初めて見る雪に驚いた。母さんすずめは、雪の中、あちこちと食べ物を探したので眠くてたまらない。こすずめは寒くて眠れない。母さんすずめは体で温めてあげる。雪を木の実と思ったり、羽虫と思ったり…。羽虫を食べたら冷たかった。口の中で溶けた。「冷たくておいしい羽虫だね」と、こすずめ。雪は降り続く。「明日は食べ物探すの大変だわ」と母さんすずめ。

     雪が降る夜の、母子すずめの愛情にあふれた会話が身に染みる。初めて見る雪に驚き、寒さに震え、母に甘えるこすずめを、暖かく包み込む母すずめの言動が、読者の胸にしっとりと伝わってくる。キーワードは雪=羽虫。表紙にもなった。雪の一夜の風景を、黒井健さんが16枚しんみりと描きあげている。

                      こすずめとゆき

     

    漆原智良 * - * 15:14 * comments(9) * - * - -

    コメント

    黒井健さんでは、すみずみまで心配りのある素敵な絵を描いてくださったことでしょう。
    Comment by 内田麟太 @ 2018/10/24 7:25 PM
    最近、あまり雀を見なくなりました。代わりにカラスは、一杯います。「こすずめとゆき」深山さくらさんは、存じ上げませんでした。黒井健さんの絵なら間違いなく素敵な絵本に仕上がっていると確信しました!冬の寒さの中にも温かい物語が紡がれている様で、期待して読ませて頂きます。
    Comment by 絵本の河 @ 2018/10/24 7:29 PM
    >内田麟太郎さんへ
     一夜の同じ立ち位置から描かれた絵本。文の深山さくらさんは、高畠町の近くの上山の出身。雪国を知り尽くしています。さすが、黒井さんの絵はスバラシイ。雪景色に圧倒されます。
    Comment by うるうる @ 2018/10/24 9:03 PM
    >絵本の河さんへ
     深山さくらさんは、上山市お出身。高畠町の観光大使も務めています。かつて「ひろすけ童話賞」を受賞しました。心がホンワカします。
    Comment by うるうる @ 2018/10/24 9:06 PM
    漆原先生、拙著を広くご紹介くださり、光栄です。とてもとても嬉しく、感動しています。本当にありがとうございます!
    Comment by 深山さくら @ 2018/10/25 8:11 AM
    みなさま、おはようございます。漆原先生がご紹介くださっている本の著者、深山さくらです。
    みなさまからの温かいメッセージを拝見しまして、とてもうれしくて、お礼かたがた書かせていただいています。

    いま、黒井健さんの美術館「黒井健絵本ハウス」さんで、原画展が開催中でございます。もう一冊『かかしのじいさん』という絵本も、黒井さんが描いてくださっていまして、こちらも一緒に展示されております。
    清里にございますので、お近くでしたらぜひのぞいてみてください。黒井さんがおいでのときには、サインを入れてくださいます。

    みなさま、本当にありがとうございます!

    漆原先生、お陰さまです。今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。(深山さくら)
    Comment by 深山さくら @ 2018/10/25 8:21 AM
    >深山さくらさんへ
     心温まる作品でした。「ブログ」に紹介しようか? 「雑誌」に使用か?と迷いました。雑誌だと、読者は多いが、来年になってしまいます。「早い方がいいだろう」と、フエイスブックとブログに紹介しました。
     深山さんの優しい心を、黒井さんが丁寧にすくい上げてくださいました。本当に良かったです。おめでとうございます。
    Comment by うるうる @ 2018/10/25 9:49 AM
    >漆原先生へ
     フェイスブックにも載せていただきましてありがとうございます。漆原先生のファンのみなさまが、見てくださると思うと、ありがたくてて身が引き締まります。
     一連のご厚誼は、編集者にもお伝えいたしました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。(深山さくら)
    Comment by 深山さくら @ 2018/10/25 10:17 AM
    >深山さくらさんへ
     編集のDさんはR大学卒業後、入れ違いに、私がR大学へ勤めました。奇縁です。
     むかしの教え子が、「こすずめとゆき」を、小学校で読み聞かせに取り上げてくれるそうです。
    Comment by うるうる @ 2018/10/25 11:50 AM
    コメントする









    このページの先頭へ