<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 羽村市産業祭 | main | 『生きる』公演のお知らせ >>

児童ペン役員会

0

      雨が今にも振り出しそうな曇り空。

     加藤恵利子さんから、文化祭の写真が送られてきた。かつての中学時代担任生徒が、こうして「エコネットはむら」で活動しているのはうれしい。だから若々しい。ウン歳には見えない。隣は恵利子さんと南さんだ。

     今日は、妻が文化祭に出かけて行った。

     私は11時の電車で新宿へ。Oデパートで、来年の手帳とカバンを求めてから昼食。軽く五目そば。地下でN亭の「ウナギの特上」を求める。

     14時から、新宿ルノアールにて「児童ペンクラブ」の役員会。鈴木会長はじめ、諏訪さん、重光さん、のはらさん、加藤さん、小粥さん、漆原(顧問)の7名出席。12月7日の「児童ペン授賞式」の役割分担を決めた。未来の活動なども語り16時閉会。

     西武新宿から、加藤さんと「次作」を語りながら小平で別れる。

     

     

    漆原智良 * - * 18:16 * comments(4) * - * - -

    コメント

    デパ地下にN亭があるのですか。調べてみます。
    児童ペン。お疲れ様でした。
    Comment by 内田麟太 @ 2018/11/04 9:33 PM
    >内田麟太郎さんへ
     私は「N亭フアン」。じつは、昭和32年のころ。学生時代銀座でアルバイトをしていました。日給350円。有楽町交番前に[N亭」があり、もうそう竹の筒をえぐった「竹筒うな丼」が100円でした。週一は、うなぎでエネルギーを蓄えていました。あと5日は学食(ご飯にハム2枚とタマゴ)30円で済ませていました。そんな歴史から、うなぎは「N亭」。
    Comment by うるうる @ 2018/11/04 10:27 PM
    苦学生時代ですね。私は昭和35年。N亭の看板書き換えの手伝いについて行きました。まだ見習い数ヶ月です。お昼に鰻を出してくださって、いつもお昼はピーナツバターとコッペパンだったので、感動した忘れられないお店です。
    Comment by 内田麟太郎 @ 2018/11/05 12:08 PM
    >内田麟太郎さんへ
     そうだったのですか。奇縁です。私は、銀座・歌舞伎座裏のネーム屋さんに勤めていました。有名な銀座の洋服屋を巡り背広の裏生地を預かり「ネーム」を入れて、夕方届けるというアルバイトをしていたのです。まだ都電が走っていました。神武景気と騒がれていたころでしたが、学生生活は貧しいものでした。ピーナッツバターパン懐かしいです。
    Comment by うるうる @ 2018/11/05 3:44 PM
    コメントする









    このページの先頭へ