<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 差し歯が取れた! | main | 第4回 児童ペン賞授賞式 >>

第12回ど根性ひまわり寄席

0

     朝方から小雨。

     11時出発。12時、吉祥寺のTデパートへ入ったら、鮨店、そば店、中華店どこも行列。1時間待ちだ。

     仕方なく、昼食はカフェでパンとコーヒーですませる。

     林家カレー子さんから「東北支援・第12回ど根性ひまわり寄席」のお招きをいただいた。会場は吉祥寺の多摩信用金庫4階の広い会議室。1時半から受付だが、すでに30人程が集まっていた。親友のSさんをはじめ、嶋田恭子さん、山川千代美さん、千葉清英さんのお母様、顔なじみの方々もたくさん。(写真は開演前、カレー子さんと)

     開演前にご挨拶を頼まれたのて、3分間ほど語る。客席は100名ほど。「明日丁度は太平洋戦争開戦80周年であること。悲惨な戦争体験や、東日本津波大震災体験を風化させないための活動に、林家さんと取り組んでいること」などを語る。

     かぶりつきの特別席。逸見美帆子さんの40キロもあるというハープの音色にうっとり。そのあと、桂竹もんさん、桂米多朗さんの落語に笑い転げる。トリは、新結成コンビ、林家まる子・カレー子の楽しい漫才。息もあってきた。

     おみやげは「ど根性ひまわりのタネ」「乗り越えたろうふりかけ」「桃のジュース」が参加者に配られた。

     帰り、福生で降りて、写真のDPE。ここで思い掛けない方と出会う。人生また楽し。

    漆原智良 * - * 19:06 * comments(2) * - * - -

    コメント

    ハープ、いいですね。私も好きです。指から血が出るそうですね。そこが固くなるまでは。まさに血の滲む修行でしょうか。
    Comment by 内田麟太 @ 2018/12/06 7:40 PM
    >内田麟太郎さんへ
     かぶりつきでハープ。最高でした。終演後「指はどのように保護しているのですか?」と楽屋で質問。「普通に料理したり。普通に使っています」とのこと。若いのに、やはりプロは違う。指より、運搬が大変だとも……。
     明日よろしくお願いいたします。
    Comment by うるうる @ 2018/12/06 8:00 PM
    コメントする









    このページの先頭へ