<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ひろすけ童話の感想文を読み始める | main | 『おはなしの森 4』 >>

作品募集・テーマは「一番・一番目」のチラシ案

0

     またまた、「今年一番の寒さ」とテレビが報じる。風邪をひかないように毛糸の首巻をする

     AM 朝から「広介童話を読んでの児童感想文」を読む。今日は3〜4年生。30年も続いていると、同じパターンの感想文を見かける。「個性的な作品」に注目して採点。あすは5〜6年生だ。

     PM 来年6月末締切りの「銀の鈴ものがたりの小径」の募集チラシ案が4編届いた。みな素晴らしいので迷った。来年のテーマは「一番(または)一番目」。5枚と10枚、どちらでも可。今年(テーマは未来)も40作の中から20作ほどを選んだ。近日刊行される。

     夕方『おはなしの森 4』〈神戸新聞総合出版センター)が届いた。夜じっくり読みましょう。

     

     

    漆原智良 * - * 17:09 * comments(6) * - * - -

    コメント

    同じパターンの感想文は、先生の指導がいけないんでしょうね。
    某小学校でも、同じものばかりがどっと来ました。
    「私」の声こそ聞きたいのに。
    Comment by 内田麟太 @ 2018/12/10 5:12 PM
    >内田麟太郎さんへ
     学校訪問のおりなどに「一例として…』と語ると、そのパタンばかり。先生方「00正直」なのでしょうね。型破りの、「その子の声」が聞きたいのです。童話と自分の泥臭い生活を結びつけるといいのになあ、と思います。
    Comment by うるうる @ 2018/12/10 5:32 PM
    先日の贈呈式、ものすごく盛り上がりましたね!
    漆原先生もお疲れのことと思います。
    ありがとうございました。

    Comment by しいこ @ 2018/12/10 9:06 PM
    >しいこさんへ
     しいこさんフアンの多いこと。羽村のお笑いトリオが揃ったこと、ひでちゃんが駆けつけてくださったこと……みなさんのおかげです。遠方ありがとうございました。お疲れのことと思います。でも、翌日には00へいかれたとのこと、タフだなあ、と感心しました。次は大賞です。
    Comment by うるうる @ 2018/12/10 9:14 PM
    教育事務所の依頼で、小学校1〜2年生のお母様たちに「読書」について、お話をします。私に一存なので、好きに話していいのですが、がらにもなく真面目な話をしそうです。漆原先生の講話を聞きたいです。
    Comment by 絵本の河 @ 2018/12/10 11:58 PM
    >絵本の河さんへ
     私が九州へ飛んで行って拝聴したいようです。ああ、近ければ……。自分の思いを素直・率直に語れば、その思いが伝わります。気軽に語ってください。
    Comment by うるうる @ 2018/12/11 10:39 AM
    コメントする









    このページの先頭へ