<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 青木繁画伯 | main | 天皇誕生日 >>

「三月の空を見上げて」チラシが届く

0

      曇り空だが、オーバーを着るほどでもない。

     昨日、Rさんのブログにコメントを入れたら、送付番号が「4444」だった。バスケットボール選手のエースナンバーが並ぶ。「大吉の予感」。それが当たった。

     AM 今年最後の主治医のもとへ。4ヶ月ぶりの検尿、検血、異常なし。帰途、羽村駅で「1月の山形行のチケット」を購入。カフェで朝食をとっていたら知人に声をかけられ、たのしく歓談。

     PM 編集者さんから「1月30日発売の『三月の空を見上げて』のチラシが出来た。書店や、楽天、アマゾンなどで注文予約を開始した」と、うれしい知らせ。チラシに私の人生史が写真で紹介されていた。この写真の裏にどのような出来事があったのか……赤裸々に掘り起こす。

     みなさん、書店に予約いただければ幸いです。図書館にリクエストでもありがたいです。(申し訳ありませんが、私個人宛注文は、ご遠慮ください)

     

     三重県伊勢市の童話の会「ほほえみ」(玉置千代さん主宰)から、「活動の成果が新聞に紹介された」と、掲載誌が送られてきた。地方の活躍は、地道に成長している。

     

     

     

     

    漆原智良 * - * 18:03 * comments(4) * - * - -

    コメント

    いいですね。子どもの頃の写真があって。ご親戚のお家にあったのでしょうか。
    Comment by 内田麟太 @ 2018/12/22 7:48 PM
    >内田麟太郎さんへ
     あの時代、なにか「こと」があると写真店に行きました。10枚くらい焼き増しを依頼し、母が親戚中に送っておきました。大空襲で家財全滅。でも、戦後、親戚が「ともちゃんの写真があった」と、送ってくださいました。写真は配っておくものですね。
    Comment by うるうる @ 2018/12/22 9:06 PM
    第二次世界大戦以降、日本は、「不戦の誓い」を守っていますが、戦争犠牲者や戦争孤児については、忘れては、いけませんね。同じ空の下戦があった事を語り継いで頂きたいです。
    Comment by 絵本の河 @ 2018/12/23 4:26 PM
    >絵本の河さんへ
     戦争で父を亡くした(出征兵士の)子どもには、戦後、遺族年金が支給され、謝罪もありました。だが、戦災孤児には謝罪も補償もありません。戦災孤児・引き揚げ孤児は3万人を超えています。そんなことも含めて、書かせていただきました。いまはただ「平和」を祈るのみです。
    Comment by うるうる @ 2018/12/23 5:46 PM
    コメントする









    このページの先頭へ