<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「三月の空を見上げて」チラシが届く | main | Xマスイヴ >>

天皇誕生日

0

     日曜日。満85歳の天皇誕生日。

     私は、あと27日後(1/19)に「天皇誕生日」に追いつく。「戦争が無かった平成。平和な社会」など胸が熱くなる。戦後73年、戦争で一人の犠牲者を出さなかったことが何より。皇居には8万人の人びとが祝賀に集まった。

     だが、太平洋戦争の傷は癒えていない。いまだに戦災孤児への謝罪と補償は、なされていないのだ。

     間もなく平成も終わる。

     

     AM 80歳の傘寿を越してから「年賀状」は取りやめた。それでも、昨年300枚ほど来たので、きょうは「季節の便り」を200枚ほど印刷した。半日かかった。

     PM A出版社のY編集者さんから電話が掛かってきた。日曜日だが、会社からの電話だった。暮れの追い込みで、出勤していたのだ。拙書「かがやけ!虹の架け橋」最後の文章確認(事実確認)である。NF(ノンフィクション)には、創作物語と違って誤りが許されないからだ。Yさんに頭が下がる。

     

    漆原智良 * - * 18:16 * comments(2) * - * - -

    コメント

    年1回のお便り《年賀状》位は、と申していた、つれあいも、枚数をかなり減らしたみたいです。戦争を知らない世代が多くなり、戦争の悲惨さや恐ろしさを伝える方も少なくなり、また同じ過ちが起きる様では、ならないと強く思います。
    Comment by 絵本の河 @ 2018/12/23 10:51 PM
    >絵本の河さんへ
     年賀状、いっときは1000枚を越しました。それで、徐々に減らし、傘寿の峠の茶屋で「年賀取りやめ」を決断しました。ただの印刷だけでは味気ないし、「書き添え」を入れては数日ついやす。短い余生「その時間」に書き続けたい、語り続けたい
    のです。いつでも出せるように「季節の便り」にしました。ご理解ください。
    Comment by うるうる @ 2018/12/23 11:09 PM
    コメントする









    このページの先頭へ