<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 一番か一番目 | main | 暮れの整理 >>

暮れの買い物

0

     寒い日が続く。冬だから当然のことだが……。

     AM このところ仕事に追われたので、ブラリ気晴らしに立川へ出かける。

     書店には入り、しばらく立ち読み。3冊ほど本を求める。Tデパートに行って「御年始」を少々求めてから、レストランへ。どこも店の外の椅子に座って順番待ちという混雑ぶり。

     駅に戻り、駅のデパートのレストラン街へ。ここも満席。「相席でいいか?」と聞かれたので[OK」と答える。大きな10人用の特別室の円卓に1人。そのうち、どこかの社長らしき人が入ってきた。私は、あんかけ五目焼きそばを注文した。黙っているのも失礼だから、「この店へは、たびたび来るのですか?」と尋ねたら、ふんぞり返って「東久留米市から、ふかひれのスープをいただきに来るのだ」という。そのうち打ち解けて世間話。歳は71歳だという。私の年齢を聞かれたので「84歳、まだ働いている」と言ったら、同情してくれた。「どんな仕事?」「ちょっぴりモノカキ」「どんな作品があるの?」「たいした作品ではないが」と、2〜3紹介した。

     黙々と食事は進む。びっくりしたのは、その後。私が先に食事を終えて帰ろうとしたら、X氏(名前も聞かなかった)突然立ち上がって、直立不動で頭を深々下げて最敬礼。私も、ビックリして直立不動で最敬礼。爺と爺の異様な光景。でも、だれも見ていない。

     人生いろいろなことが起こるものだ。店を出た後、思わずクスッ。

     

     

     

    漆原智良 * - * 16:58 * comments(2) * - * - -

    コメント

    きっとレストラン客のその方も、漆原先生に敬意を払わなければならないと思われたからでしょう。「3月の空をみあげて」楽しみにしております。「万智子とはがまるくんの芳賀町探検記」頂戴しました。今から、拝読致します。有難うございました。
    Comment by 絵本の河 @ 2018/12/26 10:29 PM
    >絵本の河さんへ
     レストランの相席の客。突然の変容ぶりに、こちらがビックリしました。
     お父さまと青木繁と芳賀町の関係は、それ以上にビックリタマゲタでした。世間は狭いなぁ……と。
     毎日ビックリして心臓が縮まりました(笑)。
    Comment by うるうる @ 2018/12/26 10:43 PM
    コメントする









    このページの先頭へ