<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 仲間たち | main | 童話を書いてみませんか? 講座案内 >>

清宝院へ

0

     昨夜,T氏から電話あり。「八丈小島、4月に全員移住50周年の件」。「何といっても、小島出身者が動いてくれなければ進まない」ということになった。全員移住後、八丈小島へ渡島し、ヤギ救助に一役力を貸してくださった、山口なつおさんに相談してみることにした。私は「11日にお会いするので、そのとき話してみる。2〜3マスコミからも取材を受けているが、それ以後にする…」と答えておいた。

     

     今朝は早起き。息子の車で、青梅市成田山分院・清宝院へ参拝。「家族のお守り、お札、魔よけなど」を求める。帰り、Yで食料品を買い込み帰宅したら、娘と孫が年始に来ていた。孫は今年から大学生になるらしい。まだしばらくは「木の葉」をあげなければならないだろう。家族全員があげたので喜んで帰って行った。隣の坊やも、実家から帰ってきていたので、年始と、「木の葉」をもって挨拶に行ってきた。

     PM 本格的に仕事に取り組みはじめた。まずは〜〜〜から。 

     

    漆原智良 * - * 16:23 * comments(4) * - * - -

    コメント

    狸は木の葉を嬉しいモノに変えられません。
    狐山で修行してきます。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/01/06 5:34 PM
    >内田麟太郎さんへ
     今日は「木の葉の舞い散る一日」でした。かき集めるのに苦労するのも「亦楽しからずや」でしょうか。お寺でお札をいただいて「何とか書けるような気分」になりました。
    Comment by うるうる @ 2019/01/06 6:03 PM
    八丈小島と言えば、漆原先生の島へ飛び移って上陸・哺乳瓶事件・ドラム缶の水、と色々思い出します。
    2月は、お忙しい中、お世話をお掛けします。動物公園を楽しみにしているみたいです。
    Comment by 絵本の河 @ 2019/01/07 12:41 PM
    >絵本の河さんへ
     途中に内田麟太郎さん事務所があるのですが。あいにく祭日曜日なので、出勤していないと思います。声はかけてみますが……。
    Comment by うるうる @ 2019/01/07 6:07 PM
    コメントする









    このページの先頭へ