<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 市原悦子さん逝去 | main | 稀勢の里引退 >>

東京スカイツリーと浅草へ

0

     今日は羽村市緑ヶ丘3敬老会の「研修旅行」。といっても、都内の「東京スカイツリーと浅草観音様への初詣」コース。31名参加。

     AM8〜集合出発。中央高速で1時間30分。東京スカイツリーにのぼる。展望台から眼下の浅草を眺めていたら、見知らぬ年配のご夫妻と息子さんから声をかけられた。

     「国技館はどこですか?」「あの青い屋根です」

     「これから、稀勢の里を応援に行くのです」「それでは、茨城から来られたのですか?」

     「いや、宇都宮から来ました」「私も昔、宇都宮に住んでいました」

     純朴なご家族と楽しい会話が続く。

     

     PM 浅草雷門の00で「天ぷら定食」。昼食後、仲見世をぶらぶら散策。昭和15年に卒園した伝坊院幼稚園の前で、しばし往時を懐かしむ。外国人の若い女性の着物姿が多いのには驚いた。舟和のあんこ玉や、近所へ配る人形焼きを買った。浅草寺にお参りし「交通安全」のお札を求めた。

     帰宅したら「稀勢の里」が負けていた。スカイツリーで出会ったご夫妻の気落ちした、気の毒そうな顔が想像の世界で浮かんできた。

     

    漆原智良 * - * 18:42 * comments(4) * - * - -

    コメント

    あの天ぷら屋さんですね。デンキブランの並びの。田舎で浅草物語を読むと必ずと言っていいほどデンキブランが出てきました。サトーハチローとエノケンの。そしてデンキブランを見たとき田舎者の私は「ああ」となりました。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/01/15 10:33 PM
    漆原先生
    宇都宮の人とお会いになるなんて・・・稀勢の里の話題もさびしいですね。
    Comment by ひでちゃん @ 2019/01/16 5:04 AM
    >内田麟太郎さんへ
     そうです、あの天ぷら屋さんです。団体さんは横から入るのです。デンキブランには知り合いがいました。エノケン、ロッパ、永井荷風……懐かしい街です。
    Comment by うるうる @ 2019/01/16 9:33 AM
    >ひでちゃんへ
     展望台で声をかけられたのが、宇都宮の人には驚きました。親子で稀勢の里を応援に来ていたのです。やはり茨城・栃木は仲良し。昔、北関東大会は「群馬」も入っていました。そこから一校が甲子園へ。その人は「吉野町。南宇都宮の駅前」と、言っていました。世の中、狭いです。
     稀勢の里残念ながら「引退」と、いま速報が流れました。
    Comment by うるうる @ 2019/01/16 9:39 AM
    コメントする









    このページの先頭へ