<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『三月の空を見上げて』(第三文明社)見本届く | main | 西多摩新聞取材 >>

童話を書いてみませんか?

0

     AM おだやかな天候が続く。

     朝食後、郵便局に走る。レターパックを大量に買い込む。昨夜年賀はがきを調べてもらったら、10枚も当たっていた。年賀状250枚に対して10枚とは、当選確率が高い。切手をもらってきた。

     

     PM 銀の鈴社の西野編集長来宅。2月16日の「京都セミナー」の打ち合わせ。

      ★日時 2月16日(土) 13時〜16時

      ★場所 同志社大学(京都)

      ★講師 漆原智良「童話を書く姿勢」「童話の書き方ABC」

      (作家も一般初心者参加も、童話が書きたくなるお話・基本)

      ★会費 3000円(お茶菓子代、資料代、本1冊プレゼント、会場費込み)

      ★ 申し込みは 銀の鈴社 0467-61-1930

      (本を出版したい方、作品応募したい方の相談にのります)

      夜、会場を変えて夕食会あり(こちらは希望者のみ)19時終了。

      京都駅近く。

      

    漆原智良 * - * 16:56 * comments(4) * - * - -

    コメント

    わたしは無精なので賀状の抽選をここ数年確かめていません。でも、今年は確かめたくなりました。切手だけでも嬉しいですよね。
    2月16日。すぐですね。寒い土地なのでご用心ください。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/01/21 6:28 PM
    >内田麟太郎さんへ
     Nさんが「内田邸によってきた」と言って来宅。京都の話に盛り上がりました。
     年賀はがきは、確かめた方がいいですよ。当選番号息子に見てもらいました。10枚(144円分×10)当たり、しばらく持ちます。
    Comment by うるうる @ 2019/01/21 9:28 PM
    私のつれあいも無精なので、何年も当選番号確認しておりませんでした。今年は、気が変わったのか番号確認したみたいです。「これだけあって1枚も当たっとらん!」と逆に感動しておりました。今夜は、夫婦で人工衛星をみました。明るい星が動いているみたいでした。
    Comment by 絵本の河 @ 2019/01/21 11:18 PM
    >絵本の河さんへ
     年賀はがきの当選は運不運です。今年は、拙宅に末尾「00」番が7枚も届きました。きっと一番先に書いてくださったのでしょうね。当選は「02」番でした。それにしても、今年は当たりすぎました。200枚で10枚。でも、ほんとうは0枚にしたいのです。あとはいつでもだせる「季節の便り」にしたいのです・。
    Comment by うるうる @ 2019/01/22 10:11 AM
    コメントする









    このページの先頭へ