<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ふくは〜うち、おにも〜うち〜〜」 | main | 讀賣新聞取材来宅 >>

立春 

0

     AM 今日から立春。暖かい。10時には19度とか。おどろいた。

     八王子に住む教え子のM子さんが「今日のS新聞に、先生の本の広告が大きく載っています」と知らせてきた。丁寧に目次まで紹介されていた。楽天ブックスで取り扱っているようだ。教え子とは、有り難いものだ。

     そろそろ親戚に本を送らなければならない。レターパックを買いに郵便局へ走った。妻も「お年玉切手が当たっていた」というので交換してきた。

     今日,Y新聞の取材が入る予定だったが、記者の取材都合で明日に延期になった。「明日は妻が気功で留守だから、お茶のお構いが、できないが……」といったら、「どうかおかまいなく」ということで、明日の午前中ということになった。

     そこで、一日パソコンに向かって、某社から依頼を受けた原稿執筆にはげんだ。

     

    漆原智良 * - * 14:24 * comments(4) * - * - -

    コメント

    こちらも暖かい立春でした。恵方巻きの廃棄処分が焼却処分の場合、税金が使われていると問題になっているみたいです。一部では、家畜のえさになっているらしいです。私は、子どもたちが小さい頃は、かんぴょう・椎茸も自分で煮つけして、お寿司を作っていました。実家の母が感動して、食べてくれていました。手作りにすれば、無駄もでないので、来年は、自分で作ろうと思います。
    Comment by 絵本の河 @ 2019/02/04 5:45 PM
    >絵本の河さんへ
     戦前生まれの私には「なんと、もったいないことを……」とただただ、あきれるばかりです。税金を使って焼却処分、何ということでしょう。商魂も、ほどほどにしてもらいたいものですね。かんぴょうの産地は栃木県。この頃は、「干したかんぴょうは売れない」と、嘆いていました。みんな、煮えた完成品をスーパーで求めてくるからでしょうね、(我が家もそうなりました)。
     絵本の河さんの「かんぴょうの煮つけ」来年、お子さんたち大よろこびのことでしょう。
    Comment by うるうる @ 2019/02/04 6:04 PM
    Y新聞なら反響が大きいですね。喜んでいます。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/02/04 7:04 PM
    >内田麟太郎さんへ
     Y新聞、購読数多いようです。W氏の力でしょうか?
     寒暖の差が激しい(15度差)のでお身体にご注意を……麟太郎さんは若いから心配ないかな? それでもご用心を……。
    Comment by うるうる @ 2019/02/04 7:59 PM
    コメントする









    このページの先頭へ