<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新聞取材来宅 | main | 朝日新聞社から >>

京都セミナー

0

     京都から帰宅しました。

    16日 AM4起床。6時羽村発、東京駅で朝食。8時50分発〜京都へ。

     「京都童話講座」(銀の鈴社主催・会場=同志社大学同窓会館)。講師として招かれた。童話作家から、童話作家を目指す人まで24名。コの字型の会場は満席。京都の参加者は童話作家の北川チハルさんと、デビュー3年目で8冊めを執筆中の吉田瑠美さんの2人。あとは伊勢、津、鳥取、加古川、大阪、枚方、神戸、兵庫、三木、福山、東京、広島……など2〜3時間かけて来られた方ばかり。講義内容は「童話を書く姿勢」(30分)、「童話の書き方ABCから〜〜題材論、叙事、描写〜〜推敲、企画書の書き方まで」(2時間)、自己紹介、質問など。16時30分終了。

     二次会は、14名参加。街に出て、飲み放題の店で19時まで、ワイワイと楽しく歓談。いつの間にか、みんな仲良しになった。

     

    17日 西野大介さんと、タクシーで2時間ほど京都観光。普段見ることのできない穴場へ。「祇園の町〜八坂の塔〜〜その他」など。京都11時05分発→夕方帰宅。メールが60通ほど。その返事に追われた。

     17日の「公明新聞」に、「拙書『三月の空を見上げて』に込めた想い」が、7面に大きく掲載されていた。FBに仲間が紹介してくださっていた。

      

    漆原智良 * - * 18:02 * comments(6) * - * - -

    コメント

    こんばんは。本当におつかれさまでした。寒い中ご遠方をきていただきました。綿失態、なかなか東京にもいけないのですみません。
    でも先生のお講義は最高です。わかりやすく、飽きさせない工夫、盛り沢山の勉強内容。無駄な事は一切なく、とてもありがたかったです。
    友人は「赤毛のアン」がだいすきだそうで、頂いたクリアファイルが草だったのでとてもよろこんでいらして、そしてなにより覚えていただいていたことがすごい〜とますますファンになられました。すごい熱がはいっていましたよ。でもよかったです。友人にもよろこんでいただいて。ありがとうございました。
    Comment by 秋月夕香 @ 2019/02/18 7:05 PM
    鳥取、広島からとは、ありがたいですね。
    飲み放題の店とは、おなごさんも元気だなぁ。
    お疲れ様でした。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/02/18 8:14 PM
    >秋月夕香さんへ
     みなさまと再会できてよろこんでいます。3時間の中に、「何と何を盛り込もうか」と悩みました。終わってみて「想像は創造の入り口」のお話を忘れてしまいました。でも、皆様とさらに心がうちとけたこと、みなさん書く意欲が高まったことなどが収穫でした。機会があったら来年もおこないたいものです。近所のお友だちにも、よろしくお伝えください。鳥取から来られた議員さんも「子ども食堂のことを書く」と、メールくださいました。
    Comment by うるうる @ 2019/02/18 8:27 PM
    >内田麟太郎さんへ
     参加者の7割が書いた経験のある方でした。最後の「カベ」を突破するにはどうしたらよいか、その辺りの質問が出ました(二次会で本音が)。二次会は男性僅か3人。でも「飲み放題の店」が選ばれました。8時に終わって、それから伊勢や、福山に帰って行ったそうです。童話を書きたい人、たくさんいること改めて感じました。
     2日目の「祇園の街」は印象に残りました。(でも昼間、トホホ、ホ、ホ、です)。修学旅行では行きませんでしたので。
    Comment by うるうる @ 2019/02/18 8:35 PM
    漆原先生
    FBの記事、読ませていただきました。京都、お疲れ様でした。
    Comment by ひでちゃん @ 2019/02/19 4:02 AM
    >ひでちゃんさんへ
     京都講座は無事終わりました。児文芸、児文協、その他……と、玄人から素人まで、集まりました。遠方から来られた方が多く、それだけに熱心に耳を傾けてくださいました。夜の飲み会は「飲み放題の店」が選ばれました。「ああ、ここに、秀雄さんがいたらなあ」と、思いました。次は23日、立川です。すでに満席になったそうです。
    Comment by うるうる @ 2019/02/19 9:42 AM
    コメントする









    このページの先頭へ