<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3:10に向けて | main | 立川でセミナー >>

西多摩新聞

0

     

     AM 西多摩新聞社から、拙書『三月の空を見上げて』(第三文明社)の紹介記事(2/22付け)が送られてきた。関根記者が丁寧に読んで、私の思いを深く書いてくださった。早速フエイスブックにも紹介した。

     朝一番の宅配便で、銀の鈴社から、明日の講演会に配る「作品募集の案内資料」が届いたので、お礼の電話を入れた。先日の、京都セミナーの成功を喜んでくださった。

     明日「立川市でのセミナー」なので、忘れ物が無いように準備し、また再度「講演担当者」には、講演に必要な準備の確認をとった。明日は朝「雨」の予報。荷物を一つにまとめたい。

     

    PM 浜田広介記念館から、2日の「表彰式の打ち合わせ」、3日の「青おに童話の会」の出席者の報告があった。1日は前泊でy旅館、2日は仲間とともに赤湯温泉のTホテルなので、送迎時間の確認を取り合った。

     某県から届いた「とちおとめ」を食しながら、連載の「伝記」の構想を練って一日が終わった。

    漆原智良 * - * 18:02 * comments(6) * - * - -

    コメント

    西多摩新聞。読ませて頂きましたね。
    あとは赤旗だけですね。(^0^)
    Comment by 内田麟太 @ 2019/02/22 6:20 PM
    >内田麟太郎さんへ
     読んでいただきありがとうございます。赤旗は取材に来られないのです。3/9は、いつも市田さんか、小池さんの隣のテーブルになるのに……。聖教は取材終わりました。あとは、毎日だけです。
    Comment by うるうる @ 2019/02/22 6:38 PM
    それが出来ると共産党も伸びるんですけどね。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/02/22 8:13 PM
    >内田麟太郎さんへ
     昭和20年の後半(夜間高校時代)「柳田謙十郎のみどりの会」の会合に出ていて,U市の警察にマークされ尋問を受けたことがありました。それで…。
    Comment by うるうる @ 2019/02/22 8:53 PM
    うるうる様
     柳田謙十郎。懐かしいですね。私もよく読みました。尋問。時代が想像できます。
    Comment by 内田麟太郎 @ 2019/02/23 3:39 PM
    >内田麟太郎さんへ
     間違いました。昭和20年代の後半(28=29年ころ)でした。T県は特に厳しくて、私の「卒業アルバム」まで、貸し出されたようです(学友が騙されて貸した)。きっと顔写真が欲しかったのでしょう。じつに陰湿な行為です。そのうちにさりげなく呼び出されて「みどり(ひらがなでした)の会では、どんな話をしているのだ」と……。柳田さんは、「ヤナケン」と、学生仲間では、人気でした。
    Comment by うるうる @ 2019/02/23 7:34 PM
    コメントする









    このページの先頭へ