<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 朝日新聞多摩版 | main | 聖教新聞に >>

3月10日講演会近づく

0

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     東京は「雨天」が続く。お湿りのお陰で喉が心地よい。花粉症も楽だ、と好意的に考える。妻は美容院へ出かけて行った。

     AM 3月9日「時忘れじの集い」に持参する千羽鶴にリボンを取り付けて準備万端。当日、上野公園でお会いできる方から、注文を受けた本にサインを入れたりしていた。

     羽村市教育長の桜沢修さんから『多摩子ども詩集』が送られてきた。私の教師時代から発行されている詩集。半世紀を超える。子どもの瞳がいきいきと言葉としてかがやいている。波打っている。各地の市町村教育委員会が補助金を出して発行を続けているのだ。いつまでも続けてほしい。そういえば、かつてうちの息子も作品が採用されていたことを思い出した。

     10時 福生市公民館の公演担当の井上日出夫さん来宅。3月10日講演(写真)の最終打ち合わせ。当日の時程の確認。会場では『平和パネル展・3:10東京大空襲』が展示されているそうだ(24日まで)。草笛名人の井上さんとは、たのしい話が尽きないが、互いに多忙の身、11時に終わる。

     PM 当日持参する資料の準備。

     

    漆原智良 * - * 17:53 * comments(4) * - * - -

    コメント

     『多摩子ども詩集』、長いですね。団地に引っ越した頃、福生の先生に見せて頂いたことがあります。30年ほど昔でしょうか。
     9日。雨が降りませんように。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/03/07 8:03 PM
    >内田麟太郎さんへ
     「多摩子ども詩集」は昭和30年代、ガリ版刷りから始まっているので60余年になります。ほとんどが小学校の先生方で、中学校で参加していたのは、私一人でした。遠い昔が蘇ってきました。
     9日の天候、何とか持ってほしいものです。何しろ外ですから…。千羽鶴を抱えて行きます。
    Comment by うるうる @ 2019/03/07 9:20 PM
    少し早いホワイトデーの嬉しいご本が、届きました。有難うございました!読後感想文は、後日にお送り致します。
    Comment by 絵本の河 @ 2019/03/07 11:19 PM
    >絵本の河さんへ
     乾燥→気になさらないでください。時間があるときに1〜2行ずつ読んでいただければ嬉しいです。
    Comment by うるうる @ 2019/03/08 1:58 PM
    コメントする









    このページの先頭へ