<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 日本児童ペンクラブ総会   | main | あっちこっち >>

フリージァ

0

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     春が来た。八丈島のMさんが、今年もフリージァの花を送ってくださった。

     本格的な春がやってきた。昭和36年、八丈小島の鳥打小中学校にに赴任した時、段々畑一面にフリージァの花が咲き乱れていた。25人の児童生徒との初仕事は、フリージァの球根取りだった。当時球根を売って学用品を買ったものだ。フリージァの花を眺めていると当時の光景が浮かんでくる。

     

     出版社経由で、まだお会いしたこともない、Tさんという(一読者)の方から便りが届いた。「拙書を読んで感動してペンをとった。昔、八丈島で高校の国語教師をしていた。出身は栃木県の烏山。私が小島で遊んだ子どもたちが、高校生になったとき、八丈の高校でT先生が教えたそうだ…云々」世間は狭い。近日お返事を書かせていただこう。

     

     児文芸の佐賀支部の松崎泰子さん(福岡在住)が新刊を上梓した。『やさいばたけはおおさわぎ』(有賀忍・絵/銀の鈴社刊/1600円+税)。佐賀訪問の折、何度か添削指導した作品。こうして一人一人世に羽ばたいていくのがうれしい。卒園式に配るそうだ。間に合って良かった。

    漆原智良 * - * 16:49 * comments(2) * - * - -

    コメント

     ちょっと堂へ出かけており、帰っては宙を歩いていました(ふわふわと)。次女は八丈島の歴史博物館を訪ねてくれたそうです。「来館者は真面目そうな人ばかりだった」といってました。 (^o^)
    Comment by 内田麟太郎 @ 2019/03/26 11:42 AM
    >内田麟太郎さんへ
     福岡のお仕事ご苦労様でした。そして、おめでとうございます。本当に良かったです。
     お嬢さん、「八丈島の博物館見学」ありがとうございました。八丈小島移住50周年記念展が終わってしまっていたのが残念でした。よろしくお伝えください。
    Comment by うるうる @ 2019/03/26 2:22 PM
    コメントする









    このページの先頭へ