<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< やさいばたけはおおさわぎ | main | 讀賣新聞宮城版 >>

八丈小島の文則君ら出演

0

     昨夜(4月3日)7時から〜 フジテレビで「何だコレ!?ミステリー」が放送された。仕事に追われて忘れていたら、kさんから「八丈小島をやっていますよ」と連絡が入った。急いで8チャンネルへ。八丈小島で担任していた文則君(70)や、文子さん、里子さんも登場してきた。「ミステリ〜〜」と言いながら、それは「現在無人島の八丈小島・宇津木の小学校、中学校だった」という落ちだけ。出演した元生徒は鳥打小中学校出身者ばかり。宇津木と鳥打を交互に映すから、視聴者は戸惑う。「まあ、お遊び番組だから仕方ないか」とあきらめていた。そこへ高橋氏から(文子の夫)「安っぽい感じの番組だった」と、メールが入った。全員移住から50周年、どこかで真剣にドキュメントとして、問題提起してほしいと思った。親切に連絡くださったKさんに感謝した。

     きょうは、のんびりしましょうと読書していたら「6月号の校正」が飛びこんできた。考えたら、4月下旬から10連休なのだ。と、言うことは、次号原稿も早く送らなければならない。

    漆原智良 * - * 18:02 * comments(6) * - * - -

    コメント

    ミステリーゾーン。わが母が赤痢で亡くなった避病院も、ネットで検索したらミステリーゾーンになっていました。タイトルからしてそうなのかもしれませんね。
    10連休。編集者も忙しくなりますね。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/04/04 6:09 PM
    >内田麟太郎さんへ
     今年は移住50周年。八丈小島もついに「ミステリーの島」になってしまいました。
     10連休、編集者さんに協力いたしましょう。いつもご迷惑をかけているので…。
    Comment by うるうる @ 2019/04/04 8:22 PM
    「学校跡がミステリー」と言うのには、大いに違和感がありました。でも八丈小島の島民は、物は、なくても心が豊かだった事。家族の様にお互いが思いやる島民だった事が伝わって来ました。その意味では、良かったと思いました。ドキュメント番組として、また、取り上げて欲しいですね!
    Comment by 絵本の河 @ 2019/04/04 11:17 PM
    漆原先生
    いつしかミステリーゾーン、そうとしか見ないマスコミも問題ですよ。八丈島の「ローヤルホテル」の廃墟、映画に使われました。きれいにしてから、宗教団体の本部で登場です。一度泊ったことがありましたから、懐かしかったです。
    Comment by ひでちゃん @ 2019/04/05 5:08 AM
    >絵本の河さんへ
     八丈小島=家のあとが無くて、学校跡地だけが残る。島民は、自分の家をこわした後、材木を本島まで運び、家を建て直したのです。だから、一般の人にはミステリーに見えたのでしょう。当時の子どもたちも、今は60代70代です。でも、こころだけは、しっかりつながっています。それが何よりの救いです。
    Comment by うるうる @ 2019/04/05 10:07 AM
    >ひでちゃんへ
     マスコミの目=「小島はミステリーの島」悲しいです。開き直って「小島を舞台にしたミステリー小説」でも書きましょうか(笑)。
     ローヤルホテルを始め、いくつかのホテルが、バブルの崩壊とともに消えました。時代の流れです。また、八丈童話講座を実現してください。
    Comment by うるうる @ 2019/04/05 10:12 AM
    コメントする









    このページの先頭へ