<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 桜満開 | main | 身近な方から >>

竹の皮

0

     朝から冷たい雨が降っていた。9時ごろ上がったので妻は散歩に出掛けていった。ところが、まもなくまた降り出してきた。  

     60余年前の遠い昔卒業した、母校宇都宮商業高校時代にお世話になった友に、「三月の空を見上げて」を送ってあげようと、同窓会であって以来10年ぶりかで電話した。加藤君は元気だったが、H君、O君は別の世界へ旅立っていた。年賀状を辞めていたので知らなかった。

     今日は作品の「荒原稿」を書いた。画家さん、編集者さんと話し合う前には「叩き台」が必要だ。

                            「筍の皮で包む」の画像検索結果

     おにぎりを竹の皮で包む場面を描写したのだが、現代の子どもには、どのように説明したらよいのだろうか?見たこともない子もいるのではないか? 

     PM 童謡集『とっくんこ』(岡山県を中心に全国活動・65名)が送られてきた。「55号」だ。50余作が並ぶ。「こんな曲がついたらいいな」などと、口ずさみながら童心にかえった。

     

    漆原智良 * - * 17:39 * comments(2) * - * - -

    コメント

    竹の皮は、ちまきに使われています!
    Comment by 絵本の河 @ 2019/04/08 10:01 PM
    >絵本の河さんへ
     そうでしたか。私も、古い人間になってしまいました。教えていただきありがとうございました。昔、遠足のおにぎりを包んでもらいました。思い出しました。
    Comment by うるうる @ 2019/04/08 10:09 PM
    コメントする









    このページの先頭へ