<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「こどもの日」に向けて | main | 4/20AM7〜「ラジオ関西」 >>

有難き友人

0

     日曜日なので、ゆっくりと起きて、パソコンを開いた。

     すると、「今朝(4月14日)の「河北新報」に、拙書『かがやけ!虹の架け橋』(アリス館刊)が紹介されていました」と、宮城県の児童文学作家・堀米薫さんと、佐々木ひとみさんが、記事を送ってくださっていた。有難きかな良き友人。休日だが、早速アリス館の編集者Yさんの自宅に連絡した。すると、青森のHさんから「東北で一番の購読者が多い地方紙…河北新報社に(代表取締役 一力雅彦氏)掲載。おめでとうございます!要点をまとめられて 分かりやすい記事ですね。本の左上に先生のお名前が書いてありますよね。私 購入してからずっ〜と凄く素敵なレイアウトだな…と思っていました。まるで…先生がいつも 遠藤さん達の事を忘れないよ…"と見守っているようです」と、温かいコメントが寄せられた。

     羽村の「春のお祭り」だ。子ども神輿がやってきた。おひねりを包んでポ〜イ。しばし、わが家の前は賑やかに…。お祝いなので、昼からお酒をチョビリ。

     昨日仕上げた「子どもの日の原稿」を新聞社に添付で草送稿した。

     「羽村ど根性ひまわりの会」の岡根さんが「ど根性ひまわりのタネがほしい」と、来られたので、少々分けて差し上げた。

     「市会議員の選挙戦」が始まった。羽村市は、18/23の、かつてない激戦。これから一週間「連呼」に耳を傾けましょう。

     

     

     

     

     

     

    漆原智良 * - * 18:09 * comments(4) * - * - -

    コメント

    河北新聞。あちらの方はよく読まれている新聞ですね。反響も大きいことでしょう。本屋さんが取り寄せられるのではないでしょうか。
    大牟田も四人に一人落選という激戦だそうです。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/04/14 10:17 PM
    「かがやけ!虹の架け橋」に何故、心うたれるのか?ノンフィクションである事、そして書き手である漆原先生の温かさが文章にある事だと思いました。
    Comment by 絵本の河 @ 2019/04/14 10:30 PM
    >内田麟太郎さんへ
     河北に2回、石巻に1回……新聞社の協力に感謝しています。本屋さんで平積みにしてくれるといいのですが?
     葉裏の選挙、羽村始まって以来の激戦です。羽村の選挙だけは先が読めません。大牟田も同じのようですね。いいことだと思います。
    Comment by うるうる @ 2019/04/14 10:45 PM
    >絵本の河さんへ
     今回の執筆は苦労しました。事実を書こうとすると筆が止まってしまうのです。かなりカットしました。NFは書き残さなければなりませんが、しんどい作業です。
     今日、お手紙のお返事を投函しました。「あの件」です。数日後には届くでしょう。
    Comment by うるうる @ 2019/04/14 10:50 PM
    コメントする









    このページの先頭へ