<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「親子ブックフェスタ」 | main | 岩隈久志投手 >>

「未来」(銀の鈴社刊)

0

     銀の鈴社主催「一般公募作品・アンソロジー・ものがたりの小径」第2集『未来』が上梓された。

     検索すると、解説に『2017年に発表、スタートした〈公募型〉短編童話アンソロジー。「子どもたちに向けた文学性の高い作品を、年刊アンソロジーの形で広い読者に届けると共に、短編童話の質的向上をはかる」ことをめざして始まりました。編集委員の厳しい目で選ばれ、添削された作品に、プロの画家によるオリジナルの絵が添えられました。』とある。

     公募40数作の中から選ばれた作品。かとうけいこさん、えどきえりさん、つげみさおさんら、21作が並ぶ。一流画家の挿絵入り。第1集『ゆめ』は、すでに全国の、図書館や学校で購入され、多くの児童に読まれている。

     

     第3集の課題は「一番or一番目」。2019年6月末締切り。

     グレードは、低、中、高学年に分類。

     原稿用紙(400字)5枚か、10枚。

     選考委員=漆原智良、日野多香子、藤田のぼる、銀の鈴社2名。

     問合せ先→銀の鈴社

     

    漆原智良 * - * 17:59 * comments(2) * - * - -

    コメント

    もうすぐ締め切り。この連休に頑張ってもらいたいですね。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/04/26 11:59 PM
    >内田麟太郎さんへ
     「ゆめ」→「未来」→「一番・一番目」、(編集委員三年契約で終了予定でしたが、)あと2年延長を頼まれ、続けることになりました。ご支援お願いできれば幸いです(声掛け)。
     
    Comment by うるうる @ 2019/04/27 10:23 AM
    コメントする









    このページの先頭へ