<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 真夏日だが…。 | main | 「いつかはぼくも」(よしだるみ 作絵・国土社) >>

ミジンコでございます

0

     

     東京は今日から「梅雨入り」。22度と肌寒い。広島は大雨で避難情報が発令された。

     昨日読んだ「自由への道」〈学研)の感想下書きを執筆。

     雑誌「灯台」7月号が届いた。佐藤まどかさんの「ミジンコでござます」(フレーベル館)が掲載されていた、作者の住むイタリアに送るには時間がかかるので、コピーして本欄に紹介した。ミジンコの命は1カ月。そのミジンコによって人間の命も守られていることを忘れてはならない。

     午後、広介記念館から「30周年の企画展を開催するので、パネル用の原稿を書いてほしい」と連絡が入った。承諾した。そういえば、式典も間近だ。

     夕方になっても雨は上がらなかった。散歩は休み。「ボケ〜〜〜としている時間も必要だ」と、思ったので、ボケ〜〜としていたら、H県から新鮮なビワが届いた。早速賞味した。

    漆原智良 * - * 17:55 * comments(2) * - * - -

    コメント

    「ミジンコでございます」はいい本でしたね。こんな本を書かれる方なんだと感じたのを思い出しました。
     30周年。よくぞ。町も偉いですね。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/06/08 9:02 AM
    >内田麟太郎さんへ
     まどかさんは良い本を書かれます。絵本展(5/4)に来日、お会いしました。
     浜田広介記念館、30周年です、30年毎年5回ほど通いました。無欠席でした。5×30=150回の山形通い。最初は新幹線が無くて、福島乗り換えとか、夜行奥羽本線利用などと苦労しました。
    Comment by うるうる @ 2019/06/08 10:07 AM
    コメントする









    このページの先頭へ