<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 講演会の打ち合わせ | main | 福生病院へ >>

年金生活者はどうなる?

0

     梅雨だから仕方ないが、朝からしとしと雨。一日中続いた。家に閉じこもって、本を読んだり、国会中継のテレビを見たりして過ごす。妻は「歯医者の予約があるから……」と、雨のなか出かけて行った。

     60歳過ぎた老夫婦が、退職後年金をもらっても、30年生きるには2000万円必要だ、と金融庁が発表したが、首相は「あれは誤解を与えるものだった」と、野党の追及をかわしていた。年金は下がり。物価は上昇。実質、年金生活者の生活は下降するばかり。あの、消えた年金問題も、その後どうなったのか不明だ。以前、私も勤労学生時代の年金を追求したら、1年分が発見され、追加加算されてきた。黙っていてはいけない。

     

     

    漆原智良 * - * 17:55 * comments(6) * - * - -

    コメント

    うるうるさま
     では、なぜ、2000万円不足と発表したんでしょうね。本音でしょうに。
     香港。反中国共産党デモ130万人(毎日・夕刊)。うれしいニュースでした。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/06/10 9:36 PM
    >内田麟太郎さんへ
     体一つが財産の作家。倒れたらおしまいです。怒りを越して、言葉も失せます。
     独裁政治は、「いつか必ず倒れる」という先が読めています。民衆は力でおさえきれないでしょう。
    Comment by うるうる @ 2019/06/10 10:27 PM
    「年金は、納入額さえ貰えず」とぼやけば「納入しても貰えず」と娘たちが、間髪を入れず言います。2000万円必要と言われても、ハローワークに行っても職は、ありません。漆原先生のお体は、いかがでしょうか?
    Comment by 絵本の河 @ 2019/06/10 11:10 PM
    漆原先生
    そうです。忘れてもいけないし、黙っていてもいけないですよね。
    Comment by ひでちゃん @ 2019/06/11 5:03 AM
    >絵本の河さんへ
     年金問題はさらに深刻になりそうです。それが目に見えているのに。政府はとぼけたことばかり言っています。
     今日は病院へ行ってきました。順調に恢復しているので医師の方がビックリしていました。あとは、投薬と月一回の確認だけで良いそうです。笑えるようになりました。(先月は無表情)。
    Comment by うるうる @ 2019/06/11 11:21 AM
    >ひでちゃんへ
     ひでちゃんや、私のように「若いころ働いていた人間」は、ちょっぴり、雀の涙ほどですが、年金をもらえます。国民年金だけを納入していた人は、ほんとうに苦しんでいます。これが現実です。私が病気になったとき、裕一君が「作家は体が資本だから…大事に…手伝う」と、言ってきましたが、これが切実な叫びでもあります。上記の娘さんの「積んでももらえない」時代は、もう目の前に迫っています。深刻です。
    Comment by うるうる @ 2019/06/11 11:32 AM
    コメントする









    このページの先頭へ