<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 年金生活者はどうなる? | main | 降りそうで降らない >>

福生病院へ

0

     AM 目が覚めたら雨が上がっていた。雨降りだったら、タクシーで行こうと思っていた。隣の福生市の福生病院まで自転車を走らせる。8時10分過ぎに家を出たら、8時30分に着いてしまった。9時の予約だからしばらく本を読んでいた。

     9時10分、放送で名を呼ばれた。若い医師は顔を見つめて、恢復の早さに驚いていた。ニコニコ顔で「今までの薬を出しましょう」と喜んでくれた。10連休があったので、6日以内に行けなかったので、いっときは「完治不可能、手遅れ」とまで思いつめていた。あれから1か月半がまたたく間に過ぎた。医師に、「15日から、講演に復帰する」「22日からは、山形へも行く……」とも伝えた。

     帰途、かかりつけの薬局へ寄って「クスリ」をもらった。

     PM 病院へ行くと、何とはなく精神的にも疲れる。ゆっくりお茶を飲んで一休み。それから、山形の3つの講演先に、「白板」など、準備していただくもののお願いの手紙を書いた。

      

     

    漆原智良 * - * 17:50 * comments(6) * - * - -

    コメント

     恢復の早さに。良かったですね。これで安心して講演に行けますね。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/06/11 6:13 PM
    >内田麟太郎さんへ
     医師も早い恢復に驚いていました。でも顔のゆがみは治りません。怖い目です。そんな目で、たのしいお笑い講演を行うには名前も変えなければなりません。「漆家智之助」なんて言うのはどうでしょう? ちょっと堅いかな?
    Comment by うるうる @ 2019/06/11 6:30 PM
    お顔が、歪むほど、酷い状態なのですか?大丈夫なのでしょうか?
    11日は、女性教師の誕生日でした。陣痛促進剤の痛さと、アフリカ式のお産をぼんやりと思い出していました。
    Comment by 絵本の河 @ 2019/06/12 1:24 AM
    >絵本の河さんへ
     女性教師に、メールで「誕生激励」を送っておきました。
     私の顔、「突発性神経麻痺」で、かなりゆがみました。あれからひと月半。ここで講演を再開させますので、冒頭に病名「告白」し、「病を笑い飛ばし、それを個性と考える」を導入部とします。
    Comment by うるうる @ 2019/06/12 10:20 AM
    うるうるさん 
     85歳のお誕生日後も連日お忙しく 歯の治療も儘ならないと仰っていらっしゃったので 顔面神経痛かと思って居ましたが「突発性神経麻痺」とはお見舞いもせず 失礼いたしました。

     15日は浅草小学校のご講演が御有りとのことですが 午後からの千束小の同窓会にはお見えでしょうか?
    ご体調次第だとは存じますが 3月9日以来ですから是非お目に掛かりたいと存じます。

     私より3年後輩で新聞投稿なさったMさんの記事を 拡大コピーしましたので当日持参するつもりです。

    Comment by グランマーあいこ @ 2019/06/12 8:12 PM
    >グランマーあいこさんへ
     こんばんは。ご心配をおかけしました。外部との接触の多い作家は、ギリギリまで病名を明かさないのです。出版社や、講演先に心配をかけるからです。やや回復し、講演にも行けるようになったので、病名を明かしました。口もとは曲がっていますが、言葉はハッキリ出せます。原因はストレスのようです。突発性だったこと。10連休があったことが手遅れでした。
     15日の千束小学校の同窓会は「欠席」と出しました。お会いしたいですが、終了後何があるかわかりません。お許しください。浅草小学校の大石京子校長先生(元・千束小学校の教頭)も欠席です。お会いできる日があるように、体を大事にあゆみましょう。
    Comment by うるうる @ 2019/06/12 11:07 PM
    コメントする









    このページの先頭へ