<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 郵便局 | main | 応募原稿読み始める >>

福生病院へ

0

     AM 早起きして自転車で福生病院へ向かった。8時10分に着いたら、すでに「耳鼻科」に先着の患者がいた。1時間読書。

     4/28「突発性顔面神経麻痺」になってから約2カ月半。担当のO医師は「もうだいぶ良くなった。あと1か月分クスリを出しておきましょう」との判断。当初、発症後6日以内に来ないと、何とも言えないとの判断だった。口が曲がって笑えなかった。水もこぼすようだった。目も閉じられなかった。今日の検査は「両目を強く閉じて」「笑って」。すべてできた。「笑いながらシビアの話をする」のが売りだった。それがだめなら180度転換。「シビアな顔でお笑い教育話でもしよう」と思い、芸名を考えた。「漆家智之助」と。診察室でそんなことを、O医師に話したら笑っていた。

     PM  久方ぶりに最上一平さん(作家)に会った。世間話に花が咲いた。

     夕方 銀の鈴社から「一番or一番目」の多数の応募原稿が届いた。3回目となると、作品の質も高まっている。応募者は作品の出版を期待しているのだ。修正箇所を指摘して作品化にこぎつけたい。

    漆原智良 * - * 17:14 * comments(2) * - * - -

    コメント

    当然、林家一門。真打ちになれば林家朋之助。残念でもあります。
    Comment by 内田麟太 @ 2019/07/09 5:22 PM
    >内田麟太郎さんへ
     林家入門前に顔が治ってしまいました。最終目標は「笑点」の司会でしたが…。
    Comment by うるうる @ 2019/07/09 8:02 PM
    コメントする









    このページの先頭へ