<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 50年ぶり | main | 雪 >>

S編集者さんと

0

     寒い日が続く。

     AM 「焼けあとのおにぎり」の最終校正を行う。作品は絵物語だが、公演では、当時の現実をナマの声で伝えたいと思っている。

     PM S編集者さん来宅。「焼けあとのおにぎり」の原画コピーを持参くださる。戦争を知らない若い画家・吉田瑠美さんが「よくぞここまで描き切ってくれた」と思うほど、戦時中の様子を想像と、資料を基にリアルに描いて差し出してくださった。細かい描写と人物像を指摘。1月いっぱいに上がれば、即印刷製本し、2月21日出版される。

     ありがたいことに、早くも購入予約が入っている、

     夕方、F社から「ヘレンケラー財団から、『伝記。ヘレンケラーの作品』を提供していただけないか?との問い合わせがあった」との連絡。お役に立つならと即OK。

     

     

    漆原智良 * - * 17:42 * comments(2) * - * - -

    コメント

     ヘレンケラーは偉人伝で小学生のころに出会いました。映画を見たのは中学生だったでしょうか。財団から。嬉しいお願いですね。
    Comment by 内田麟太 @ 2020/01/17 6:48 PM
    >内田麟太郎さんへ
     今年は、財団設立70周年記念だそうです。それで、私の作品(フレーベル館刊)をいただきたいとのことでした。思いがけない話でした。
    Comment by うるうる @ 2020/01/17 7:59 PM
    コメントする









    このページの先頭へ