<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大粒の雪が | main | きょうも感想紹介 >>

伊達政宗

0

     AM 昨日は東京は、1度しかなかった。今日は13度。サクラの開花は、まだらしい。

     「昨夜、伝記・伊達政宗」を読んでFBに紹介した。。

      

     伝記「伊達政宗」(佐々木ひとみ著。岩崎書店・長編児童書)を読んだ。妻の両親が山形県高畠町出身ということで、米沢や川西町の政宗遺跡をたびたび見学し興味を深めていた。

    政宗は安土桃山〜江戸初期にかけて活躍した武将である。18歳で家督を継ぎ、畠山氏を滅ぼし、やがて東北全土を手中に治めた。やがて仙台に城を築き62万石の城主になる。本書は、その波乱万丈の人生に惹かれる。作者の佐々木さんは仙台在住である。今まで描かれなかった、政宗の数々のエピソードを掘り起こし、丹念に調査し^新しい角度から伊達政宗像を差し出してくれた。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     次号の「雑誌に紹介する本」も読んだ。

     読書ばかりしていると、足腰が弱ってしまう。夕方動物公園周辺を散策した。

     テレビを付けたら、コメンティターが「コロナウイルスは収まらない。世界人口の8割が感染する」と、不気味な発言をしていた。ほんとうかな?

     恐ろしい世の中だ。

     

                波乱に満ちておもしろい!ストーリーで楽しむ伝記<br> 伊達政宗

     

      

    漆原智良 * - * 18:23 * comments(4) * - * - -

    コメント

    漆原先生、拙作をお読みくださり、またこのようにご紹介くださり、ありがとうございます。先生の後進に向ける眼差しの温かさに、いつも感謝しております。
    今回は、はじめての歴史ものに加え、私が住んでいるまちの「おらほの殿様」ということで、たいへんなプレッシャーを感じながらの執筆でした。
    膨大な資料を前に途方に暮れることもありましたが、書き上げることができて安堵しております。
    書くほどに政宗公への興味が湧いてきましたので、これからも学び続け、いろいろな角度から作品に仕立ててゆきたいと思っております。
    本当にありがとうございました。
    Comment by 佐々木ひとみ @ 2020/03/16 9:01 AM
    >佐々木ひとみさんへ
     上梓おめでとうございます。資料に囲まれて悪戦苦闘の佐々木さんの姿を想像していました。地元にいる方が調査して「地元の人物」を描き上げるほど強いものはありません。みごと開花しました。私までうれしくなりました。
    Comment by うるうる @ 2020/03/16 9:24 AM
     調べて書くのは大変だったでしょうね。
     私は妄想して書くだけですが。
    Comment by 内田麟太 @ 2020/03/16 5:31 PM
    >内田麟太郎さんへ
     地元の作家に、地元の名将の伝記依頼が来たのでしょう。ノンフィクションは調査が大変ですが、それを物語化するのも苦労です。良く頑張ったと称賛を送りました。
    Comment by うるうる @ 2020/03/16 6:07 PM
    コメントする









    このページの先頭へ