<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 読売新聞記者来宅 | main | 村上しいこさんの書評 >>

サインを入れて

0

     新型コロナウイルスの東京都感染者数が毎日右肩上がり。昨日は118、今日は140を超えるそうだ。「外出自粛」を守って、用事と健康散歩以外は外出しないことにした。しばらくの我慢だ。東京の、公立小中学校が、5月6日まで休校延長になった。コロナウイルス対策のためだろうが、反面「塾・教室」は開かれている。一体どうなっているのだろうか? また、今回の騒動で食事をとれない子どもも増えているそうだ。このあたりの対策にも一考を…。

     

     AM Nさんから「サイン入りの本の注文」をたくさんいただいた。午前中、まとめてサインを入れ、礼状を書いて宅配便で送った。

     PM じっとしていても不安は募るばかり。コツコツと作品を書いているだけ。

     浜田広介の「泣いた赤鬼」を5冊寄贈してくださった森田さんから「三木市の中央図書館が『ひろすけ文庫コーナー』を作ったら、今日見に行ったら、早くも3冊貸し出されていた」との連絡。子どもたちは、読むための環境を作ってあげれば、本に向き合ってくれるのだ。「本の嫌いな子は一人もいない」が、私の持論。

     

    漆原智良 * - * 18:21 * comments(2) * - * - -

    コメント

     そうですね。本の嫌いな子どもはいませんね。本嫌いにしたのは大人かもしれません。
    Comment by 内田麟太 @ 2020/04/05 6:34 PM
    >内田麟太郎さんへ
     そうなんです。国語の時間かもしれません。主題は?構成は?と言っているうちにソッポを向く児童がたくさんいます。
     仮転居、賢明な判断です。私も「会わない」「会いに行かない」を守っています。命を守りましょう。
    Comment by うるうる @ 2020/04/05 9:13 PM
    コメントする









    このページの先頭へ