<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 朝日新聞に紹介される | main | 新聞の反響 >>

ぼんやりこそ宝の時間

0

     朝から雨。昨日書いた手紙も出せない。

     AM 都内のXさんから、サイン入りの本の注文ウン冊。サインを入れている最中に、郵便配達職員さんが来たので、手紙を数通お願いした。助かったと、思ったら、同時に雑誌『灯台』8月号が届いた。

     小雨になったので、サイン本を荷造りして、近くのコンビニに持参、宅配便を頼んだ。雑誌灯台をB4コピーして(我が家のコピー機はA4までしかできない)、紹介した本の筆者に、送って差し上げたい。今号は、

    ・『たまたまたまご』(内田麟太郎文・北村裕花絵・文研出版)

    ・『おねえちゃんって、すっごくもやもや!』(いとうみく作・岩崎書店)

    ・『となりはりゅうくん』(松井ラフ作・PHP研究所)

     

     PM ぼんやりと過ごす。

     モノ書きにとって、この「ぼんやり」が大事なのだ。相手からは、「何もしていないように見える」が、じつはこっそり「構想を練っている」のだ。次回の、連載伝記の展開がノウミソの中で出来上がってきた。しめしめ。

     

     雨が上がった。自転車を飛ばしてポストへ急いだ。 

     

    漆原智良 * - * 17:23 * comments(6) * - * - -

    コメント

     「たまたまたまご」のこと、ありがとうございます。
     ある画家さんがぼやいてました。ぼんやりと構想を練っていると、なにもしてないと思い、女房が用を言いつける。
     職人の一服は、次の手順を考えているといいます。あそこはどの石を置くとか、どの木を植えようとか。だから職人にはお茶の時間が大切なんだと。10時と3時にありました。
    Comment by 内田麟太 @ 2020/07/09 6:05 PM
    >内田麟太郎さんへ
     「ぼんやり」=「遊び」と、思われがちです。その遊びが大事ですよね。自動車も15度のハンドルに「遊び」があるから、まっすぐ走ることができる。
     明日か、明後日届くでしょう。遠くなったポトン。ああ、一平さんのエネルギーがうらやましい。
    Comment by うるうる @ 2020/07/09 8:08 PM
    スポーツも「巨人の星」みたいな、がむしゃらなトレーニングは、せずに、休憩してイメージを、膨らますイメージトレーニングに変わって来ています。ぼーっとしている様で考えているよく分かります。
    雨がまた降っています。女性教師は、明日、又、休校とぼやいていました。
    Comment by 絵本の河 @ 2020/07/09 10:39 PM
    >絵本の河さんへ
     女性教師大雨で休校、悲しいです。
     今日も水害の久留米市が、かなり長い時間、東京のテレビで報道されていました。これも悲しいです。
     東京は新型コロナウイルス感染者の増加で悲しいです。
     悲しい現実をしっかり受け止めて床に就きます。
     「どう乗り越えるか」夢を見ましょう。
    Comment by うるうる @ 2020/07/09 10:47 PM
    本日、灯台の書評コピー、お手紙頂戴しました。なんてありがたいことだろうと胸が熱くなりました。小さなお知らせ、朝日新聞の記事も拝読しました。先生のご活躍にお力を分けてもらいながら、これからも精進して参ります。ありがとうございました。
    Comment by 松井ラフ @ 2020/07/11 12:06 AM
    >松井ラフさんへ
     これからも作品を期待しています。身体もやっと恢復しました。余計な資料まで入れて失礼しました。
    Comment by うるうる @ 2020/07/12 5:15 PM
    コメントする









    このページの先頭へ