<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

千束小学校

0

     4月末に「ど根性ひまわりの種」を播いたのだが、順調に芽を出して育ってきたところに、半分何かに「根から採られてしまった」という。鳥だろうか? 妻が再びタネを播いてくれた。

     

     今日はじつに爽やかな天候。寒くもなく、暑くもなく最適の気温。知人へのハガキに『薫風』と書いて投函した。

     浅草の千束(せんぞく)小学校同窓会幹事のOさんから「6月30日に同窓会をおこなう。忙しそうなので早めに連絡をした……」と電話あり。毎回、100人近く集まるので、ささやかな話をすることになっている。今年は。千束周辺が舞台の『火のカッパ』の話をしようと思ったら、「(東京新聞で全都内に報道されたので)すでに読んでいる」とのこと。それでは何か、千束漫談でもおこないましょう。

                            

    画像に含まれている可能性があるもの:漆原智良さん

     

     

     

     

    漆原智良 * - * 16:58 * comments(6) * - * - -

    劇の成功に向けて

    0

       このところ天候がハッキリせず、また、昼夜の寒暖の差も激しい。

       それでも、東京ではのんびりしたことを言っているが、秋田県は豪雨で避難騒ぎが起きているようだ。

       今日は、林家カレー子さんの主催する「環境寄席」(於・武蔵野公会堂)がおこなわれ、林家正蔵さんが吉祥寺に来られるそうだ。千葉さんも「のりこえ……のふりかけ」をもって、気仙沼から上京中とのこと。

       みなさんにお会いしたいが、私の方も「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演のチケットのお願いで忙しい。何とか劇を成功させなければならないからだ。

       仕事の合い間には、雑誌次号の紹介本を読んでいる。寄席の方は、今回に限り「欠席」の通知を出した。という次第で、みなさんにもご無沙汰しているが、お許しいただくことにしている。

       

      漆原智良 * - * 16:57 * comments(4) * - * - -

      日本農業新聞

      0

         連日の「夏日」だ。

         山中桃子さん(画家)が「日本農業新聞に父(故・立松和平)の知り合いがいる。『火のカッパ』を紹介してくださった」と、日本農業新聞を送ってくださった。↓

         https://www.facebook.com/tomoyoshi.urushibara

         

        『火のカッパ』(うるしばらともよし作・やまなかももこ・絵)は、8月12日東京富士美術館で、2人でトークショー。

         山中桃子さんの夫君(山中聡さん)は只今、映画「蚤とり侍」に出演中。本日ロードショー。聡さんの兄は、テレビ『相棒』の山中タカシさん

         

         林家カレー子さんから電話あり。「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演を観にいきたい、とのこと。ますますにぎやかになって有難い。ライスさんの逝去後、まる子さんとコンビを組んで母娘漫才をおこなうが、近日の林家一門寄席が門出となる。

         今日もコツコツと書き続けた。

         

         

         

        漆原智良 * - * 16:49 * comments(2) * - * - -

        顔写真選び?

        0

           今日も東京は気温28度の「夏日)。冷たい水を飲みすぎたら腹が痛くなった。年寄りは「番茶でも飲め!」というお知らせか?

           30分ほどで治まったが、今後注意しよう。

           まだ、冷房を入れるほどではないので、窓を開けて執筆。これから、最後の「章」に飛びこんで行く。といっても、4項目ほどの柱建て。まだ当分苦戦は続く。

           先月、D出版社で「火のカッパ」について語った。顔写真が3枚送られてきた。「どれか1枚選んでほしい」とのこと。もともと、地が悪いので、どれも同じだから「口を閉じている写真」にしてほしい(笑)と、返事した。7月号に掲載されるらしい。

           夕方は、毎日散歩に出かけるのだが、5時半になっても、まだ陽射しが残っている。妻が「団地のなかを通ると、木陰があっていいよ」というのたが、もし一平さんに会ったら恥ずかしい。彼は早朝、F公園まで走って体を鍛えているのだから…。作家はやはり体力が勝負なのだ。

          漆原智良 * - * 17:12 * comments(4) * - * - -

          公演ひと月前

          0

             

             今日は「夏日」になるとの予報。29度だ。水を手放せない。

             「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演のちょうど1カ月前。

             劇の台本の印刷が出来たようだ。あとは、私と吉田瑠美さんのトーク構成を残すのみ。その場で、自然体で語りたいと思っているのだが…。

             AM 10〜 HさんとHさん、2人で来宅。当日、会場受付の入り口に、本を置く飾り台を桜の木で作ってきてくださった。サクラの枝の枠の下に多摩川の絵が描かれていた(当日までマル秘)。

             AM 11〜 Iさんが来宅。劇のチケットを届けてくださった。特別席を80席準備してくださったとのこと。

             PM 私が、チョット留守にしているた間、瑞穂町の郷土史研究家奥山氏が「瑞穂町で講演した」と、N新聞のコピーを届けてくださった。

             木村裕一さん(「嵐にょるに」の作者)から電話。奥様が、その頃出産予定とのこと。劇の件、返事をもう少し待ってもらいたいとのこと。

             今日は来客の多い日であった。

              

             

            漆原智良 * - * 16:55 * comments(4) * - * - -

            小間用事

            0

               昨夜は、Sさん夫妻が来宅、楽しい話に花が咲いた。

               今日も快晴。季節的には七分袖のシャツ。

               AM 黙々と長篇に取り組む。と、言っても歳をとると5枚が限度。なんだかんだと途中に小間用事がはいるからだ。「塵も積もれば山となる」ではないが、そんな時間も溜まるとでかい。

               PM T雑誌の校正が飛びこんできたので、そちらを片付けて、またFAXで送り返す。

               今年、おそくにタネを播いた「ど根性ひまわり」も芽を出し、育ち始めてきた。「そろそろプランターから、移植してはどうか」と、妻に言われた。もうしばらく様子を見てみよう。仲間に配ったタネも順調に生育していて嬉しい。

               

              漆原智良 * - * 17:30 * comments(2) * - * - -

              母娘漫才。

              0

                 昨日の雨が嘘のように日本晴れ。

                 AM ここ2カ月ほど、知人の漫才師・林家ライスさんが逝去され、悲しみに暮れていた。一緒に被災地支援に3度も伺った仲。今朝の某新聞を見たら、奥様の林家カレー子さんと、お嬢さんの林家まる子ちゃんが、母娘コンビを組んで、再出発するそうだ。

                 ほっとひと安心した。応援しよう。

                 過日、林家カレー子さんから電話があり「8月12日の富士美術館『火のカッパ』のトークショーに伺います」とのこと。

                 みなさん、お会いできますよ。

                 

                 今日も、長編の原稿をポチポチ書いた。

                 PM 学童疎開を語り継ぐ会、赤とんぼの会から電話があり、今夏の「平和を語る講演会」は、8月18日にきまった。

                 会場は大田区の歴史館。詳細は後日お知らせします。

                漆原智良 * - * 17:14 * comments(5) * - * - -

                長ぐつ下のピッピ

                0

                   

                   朝から曇り空の日曜日。午後は天気予報的中の雨。

                   こんな日は、自宅に閉じこもって執筆。

                   東京富士美術館から「長ぐつ下のピッピの世界展」のチラシが100枚届く。

                   期間中の 8月12日(日)には、私と山中桃子(画家)で『火のカッパ』の投映、朗読、トークショーをおこなう(詳細は後日)。

                   来場希望者は、ご連絡ください。会場は、1回定員200名。11時と14時の2回公演。

                   

                   夕方、川口良絵家族来宅。拙書「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演の練習追い込み。

                  漆原智良 * - * 17:42 * comments(2) * - * - -

                  蓮の実

                  0

                     AM 柔らかな日差し。妻は「午前中に散歩に行ってくる」と出かけて行った。途中、先日開店した「WABOKUカフェ」に寄ってから、図書館に行ったとのこと。「味はどうだった?」と尋ねたら、何種類もあったので、うすい珈琲を注文した。美味しかった、と喜んでいた。

                     私は、きのうの充電が効いたので執筆に力が入った。

                     途中、学童疎開を語り継ぐ会事務局のNさんから電話が入り、「今年も、終戦記念日直後に講演をお願いしたい」との依頼。戦争体験なら、断るわけにはいかない。日程を調整して返事することにした。

                     涼しいので、夕方早めに散歩に出よう。

                     「犬も歩けば棒に当たる」ではないが、一昨日散歩の途中。石屋の前で、ドリルのような形をした機器で蓮の実の穴を掃除していた。珍しいので立ち止まって眺めていたら、「この実の、注文が多い」とのこと。しばらく立ち話をしていたら、「これをあげましょう」と、奥から「松ぽっくりの炭の飾り物」を持ってきて、私にくださった。鉢に入れて、シールを貼って、200円で売っているとのこと。

                     日の出村のお寺の住職から、「松ぽっくり、何かにならないか?」と、相談されたので考えて作ったそうだ。

                    漆原智良 * - * 17:19 * comments(2) * - * - -

                    立川のんびり一人旅

                    0

                       朝の気温は13度。ぐんぐん上昇して25度の夏日になるという。こんな時は「気ままに過ごすのが長寿の秘訣」。

                       AM10〜 電車に乗って一人のんびり立川ヘ。Bカメラへ寄って、コピー機のインキなどを求める→薬局→DOKOMOで電池を確認してもらったら、まだ60%残っている、とのこと。「しかし、この機種は需要が少なくなったので、電池交換の折は1カ月はかかる」といわれた。3〜4年で機種交換をするように出来ているのかもしれない。商売とはうまく出来ているものだ。

                       Iデパートに入った。有名な「廬00」寿司店員Mさんの、3年生のお子さんが私のフアンだという。本の名前まで上げてくれた。ほめられたので、特上チラシを注文してしまった。

                       「京都物産展」が開催中だった。妻にたのまれた「京都有名店00」の、アナゴとチラシセット弁当を求めた。

                       のんびりとコーヒーを飲んで夕方帰宅した。

                       たっぷり充電したので、また明日から長編の続きを書こう。

                       夕方、仙台のMさんから「あかりちゃんのつうがくろ・舞台公演を妻と一緒に観に行きたい」とメールが入った。東北地方から10人を越える方が来てくださる。

                      漆原智良 * - * 18:31 * comments(2) * - * - -
                      このページの先頭へ