<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ひまわりの土

0

     おだやかな日曜日。

     2018年も『ど根性ひまわり7世の花を咲かせたい』と、妻と意気込んでいる。

     昨年、大きなプランタの土を出して天日干し。何度も小さい熊手で広げ返しながら一日を過ごす。動物公園から求めてきた肥料を混ぜてしばらく寝かせ、近いうちにタネを播く。

     講演会場に持参するタネや、希望者に配布するタネも選んで、10粒ずつ袋に詰めた。

     昨年は、浜田広介記念館で500本咲かせてくださった。そのタネも20数袋いただいてきてある。

    「今は、何もいらない、ほしいのは被災地を忘れないでほしいこと」。東日本x市首長の声が心に突き刺さっている。

    漆原智良 * - * 17:02 * comments(8) * - * - -

    熱中小学校

    0

       山形県高畠町の時沢小学校が児童数の減少から昨年閉校になった。ブドウ園に囲まれたのどかな学校だった。そこに誕生したのが「熱中小学校」だ。

       https://www.necchu-shogakkou.com/

       

       生徒は20歳から75歳まで参加しているそうだ。

       熱中小学校へ八丈島の岩崎由美先生(町議)が、4月22日(土)講師として招かれたという。浜田広介記念館を見学していただきたいので、早速、鈴木征治記念館理事長に連絡を入れた。鈴木先生は、気さくに案内を快諾してくださった。岩崎先生から「高畠の小学校とは、3校目の姉妹校です」とのお知らせをいただいた。まさに輪の広まりだ。岩崎先生有難う。

       

       今日は、フエイスブックに本を2冊紹介した。

       

       ◆『オレンジ色のあかり』(名嘉実貴詩集・四季の森社刊)
      「しず しず…」春の声から始まり、四季の光景と少女の姿を重ね合わせながら、しっとりと進行していく。やさしい光と風をとらえながら温かい目で情景を包み込んでいる。繊細な感性で少女の成長を謳いあげた処女詩集。
       

       ◆『大林くんへの手紙』(せいのあつこ作・PHP出版刊・物語)
      突然、登校拒否になった大林くんに、クラス全員で手紙を書くことになった。ホントの気持ちを書きたいと文香は悩む。「ウソの言葉、ホントの言葉とは何か」考えさせてくれる。さらに大林くんから「合わない」という言葉が返ってくる。何が?……推理的手法を駆使して読者をハラハラさせてくれる。

      漆原智良 * - * 17:03 * comments(8) * - * - -

      ニッポン放送「みんなの作文」下読み

      0

         昨日『山中伸弥物語』の書評を書いていたら、PHP出版から「テレビも見てほしい…」というので、夜の「カンブリア宮殿・山中博士のips細胞の発見」を見てしまった。日本の学者が、なぜ外国に行ってしまうのか、日本の研究のあり方について、考えさせられた。夜中に仕事をしたので朝寝坊(イツモノコトダガ)。

         S社から絵本『ともだちなんかいらない』が送られてきた。早く取り上げたかったのだが、8月まで満席。そこで「多少紹介が遅れるが…」と、お礼かたがた、返事しておいた。また教科書に掲載されるかな?

         今日は、朝から、ニッポン放送の「みんなの作文」の下読み。今回は大型連休前なので、3週分6作。力作粒ぞろい。丁寧に感想を書き、コメントを入れる。

        漆原智良 * - * 17:57 * comments(6) * - * - -

        「テレビ羽村」撮影終了

        0

           AM 快晴。5月の大型連休が近づいている。ニッポン放送から「新山千春さんと、3週分の撮りだめを……」と、児童生徒作文が「6作品」送られてきた。19日スタジオでの収録。これからじっくりと読んで感想を書きましょう。

           

           PM2〜 「テレビはむら」の、小島さん、小川さん、それに今年羽村市役所に新採用、広報課に配属された秋元さん来宅。拙書『(仮)あかりちゃんのつうがくろ』の長編テレビ撮影の最終日。自宅で「本が完成した喜び」を語る。「5月の放送予定」とのこと。全国どこの地域でも、下記インターネットで見られるそうだ。さて、どんな番組になるのだろうか? ドキドキ!

           http://www.city.hamura.tokyo.jp/category/3-17-3-0-0.html

          漆原智良 * - * 18:02 * comments(6) * - * - -

          送本「漆原文庫」

          0

             AM 雑誌8月号のの書評原稿を送ったら、折り返しに「6月号の校正」が届いた。出版社は早くも夏の陣。

             P出版社の編集者さんと話しをしていたら「明日(13日)、テレビの『カンブリア宮殿』という番組で、ips細胞を発見した山中伸弥博士のことが取り上げられるから見てほしい」と言われた。丁度「山中伸弥物語」を読み終えたところだった。

             一段落してから、詩集と物語を読んだ。感想は後日。

             PM G県のC中学校で「漆原文庫を揃えてくださる」ということで、何冊か選んで荷造り。

             テレビが「春の熱中症にご注意を……」と、報じていた。

             

            漆原智良 * - * 17:34 * comments(4) * - * - -

            春雨じゃ、濡れて行こう!

            0

               朝から雨。肌寒い。妻は気功に出かけて行った。こんな日は、のんびりと礼状を書こう。

               山形県「青おにの会」の、Wさんが「童話集を出版した」と、長谷部恵美子会長から連絡が入った。5月の児文芸協会総会のことも兼ねて電話で長話。

               岡山・総社市の、なんばみちこさんからは童謡集『とっくんこ・49号』がとどいた。小まめに発行されている。冊子には会員の活動(出版など)も報告されている。児童詩、童謡……雨の日の気分を和らげてくれる。

               名嘉実貴さんの『オレンジ色のあかり』(名嘉実貴作・四季の森社)も新人第1弾。これから丁寧に読もう。

               PM 「春雨じゃ、濡れて行こう」などと気取ってみたが、雨は激しくなってきた。「たまには、バスに乗って…」と、主治医のもとへ、コレステロールのクスリをもらいに行った。Yさんと雑談し、来月寄席へ行くことが決まった。

              漆原智良 * - * 18:17 * comments(4) * - * - -

              大舘講演会

              0

                 秋田・大館の三浦慎也さんから「講演会が正式に決まったからPRよろしくお願いいたします。」と連絡をいただいた。

                 先日、勇み足で一度は削除したが、今回は堂々と大きくPRいたします。

                 妻は「雨も上がったので」と言って青梅へ出かけて行った。お土産は藍染のシャツ。

                 雑誌社から「灯台5月号」が届いた。「親子で楽しめる・児童文学講演会が開催」の見出しで、内田麟太郎さん、最上一平さん、私の座談会記事と、スライド上映のことが、見開き2ページにわたって紹介されていた。ありがとうございます。

                漆原智良 * - * 18:12 * comments(2) * - * - -

                童話を書いて出版したい方へ

                0

                   7日。銀の鈴社役員と童話出版編集委員(写真右から、藤田のぼる・漆原智良・日野多香子)と打ち合わせ。

                   「自分の作品を多くの方に読んでもらいたい」「でも、出版するにはお金がかかる」「学校図書室に本が並んだら嬉しい」……そんな声が出版社にたくさん寄せられるという。しかし、単行本として世に送り出すには、それなりの作品価値が要求される。

                   「それならば、全国から広く童話を募集し、選考し、アンソロジーとして出版できないか」という話し合いになった。これから作品を募集する。無理のないところで、1作が400字詰め原稿用紙で5枚、または10枚。来春出版予定。

                   詳細は銀の鈴社に問い合わせてほしい→http://www.ginsuzu.com/

                   

                   今日は、羽村の祭り。曇り空だったが、みこしが多摩川へ入って気合いを入れた。桜の花も満開だ。

                   

                  漆原智良 * - * 17:18 * comments(2) * - * - -

                  北鹿新聞

                  0

                     秋田県大館市にお住いの三浦慎也さんが「今朝の北鹿新聞に掲載された」と、新聞記事を送ってくださった(写真)。拙書『ど根性ひまわりのきーぼうちゃん』の紹介と、ひまわりのタネを広める活動について。さらに、8月1日の講演会に向けての準備のことが掲載されていた。有難いことだ。大舘に向かって手を合わせたら、青森の議員さんからも「2時間かかるが、当日伺いたい」とメールが入った。東日本大震災を風化させないために、私も頑張ろう。

                     東京地方朝方の小雨は上がった。隣の日野自動車通りの桜が満開だ。

                     G社から、昨日の会議の要旨と写真が送られてきた。近日お知らせしよう。

                     

                     

                     

                    漆原智良 * - * 14:13 * comments(2) * - * - -

                    観音寺

                    0

                       AM 昨夜からの小雨が上がった。

                       5時起床。7時の電車で三河島へ。お彼岸に行けなかったので墓参り。我が家の菩提寺は、東京三河島の観音寺(真言宗豊山派)。和尚さんが、袋に「祝・はなまつり」と書かれた飴を2袋くれた。明日がお釈迦様の祭りなのだ。「いまの子どもは、甘茶を飲まないのですよ、大人までも、…それで、飴にしました」と、説明してくれた。「ぼくは、子どものころ(戦前)、ここに甘茶をかけに来ましたよ」と談笑。

                       PM 新宿の京王プラザホテルに行き、1階の「麓屋」で、G社の企画会議。久方ぶりに日野多香子さん、藤田のぼるさんに会う。詳細は後日発表。

                      漆原智良 * - * 19:08 * comments(10) * - * - -
                      このページの先頭へ