<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

孫家族

0

         

     AM 昨日送られてきた『子供のための少年詩集2018』(銀の鈴社刊)のゲラ原稿を読む(写真は2017年のもの)。

     今日は、「詩」の言葉の誤りはないかの校正のみ。連休中に何編か選び出し選評を書くことにしよう。半数は第一線で活躍している作者。したがって、印象に残った詩を選び出すことになるだろう。

     

     昼近く孫家族が遊びにやって来た。昼食をはさんで歓談。孫も今年、高校三年生になった。ダンス部に所属しているので、後輩指導や遠征などで忙しいらしい。ヒップホップをやっているそうだ。

     

     PM 「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演が近づいてきたので、ご案内の文面を書いたりして雑用に追われた。

     5月は林家一門の「環境寄席」がある。漫才のカレー子さんから電話があり、ライスさん(ご主人)が亡くなったので、5月から「まる子ちゃん」(お子さん)と、組むことになったそうだ。

     

     

    漆原智良 * - * 16:55 * comments(2) * - * - -

    アンネのバラが咲いた

    0

       

       

        

       

       穏やかな日曜日。

       朝一番の宅配便で、銀の鈴社から「子どものための少年詩集2018」のゲラ原稿が届いた。応募作品000編。これから「掲載作品の選考と選評」に取り組むことになる。6月中旬までなので時間はたっぷりある。が、そういう仕事ほど丁寧に、素早くこなさなければならない。

       

       わが家の庭に、今年も「アンネのバラ」が咲いた。アンネ・フランクの書いた「アンネの日記」をS社の教科書に掲載したのがご縁で、アンネのお父さんから頂いたもの。40数年も前のことだ。バラは各地に嫁いでいった。それぞれ挿し木で花を咲かせてくださっている。

       ドイツ・ナチに追われても、隠れ家で前向きに生きたアンネの思いを想像するだけで勇気が湧いてくる。そのことは『つらかんべぇ』という本に書いた。

       

      漆原智良 * - * 18:06 * comments(2) * - * - -

      吉日「ゆめ」

      0

         人生、吉の日もあれば、凶の日もある。今日は私にとっての「大吉」

         朝一番の宅配便で、夢でない『ゆめ』(銀の鈴社刊・応募作品の入選集・アンソロジー)が5冊届いた。こうして1冊になると作品は一段と光り輝く。今年は『未来』を主題に作品募集。

         8月4日に、応募者全員、童話を執筆したい方に声をかけ「交流会」をおこなう。ふるってご参加ください。

         

         さらにうれしいことは拙書『天国にとどけ!ホームラン』(小学館刊)からまたまた重版のお知らせ。さらに000社の絵本の稿料は入る。

         「あかりちゃんのつうがくろ」実行委員会のiさん来宅。舞台公演の「チケット」は届く。

         こんな良い日は、良いことをしましょうと、石巻の瓦礫を押し退けて芽を出し花を咲かせた「ど根性ひまわり」のタネを、妻が作ってくれたプランターの苗床に播いた。

         

        漆原智良 * - * 17:58 * comments(5) * - * - -

        PRに感謝です

        0

           日本児童文芸家協会広報部がホームページにPRしてくださいました。

                    ↓

          『あかりちゃんのつうがくろ』が舞台になります。
          『あかりちゃんのつうがくろ』の舞台公演が決まりました。
          ヘヴェンエンターテイメント他多数総出演の舞台劇。現在猛特訓中。総勢150人ぐらいだろうか? 

          ★日時 6月16日(土)14時
          ★会場 羽村市生涯学習センターゆとろぎ...
          ★前売り 2500円(漆原にメールで申し込み)
          ★主催 「あかりちゃんのつうがくろ」実行委員会
          ★後援 羽村市教育委員会、商工会、観光協会
          【おまけ】漆原智良(作者)x吉田瑠美(画家)のトークも予定
          (吉田瑠美さんは京都在住、元・カンフーの日本チャンピオン)4月24日「テレビ朝日」出演。

           ありがとうございます。

           

           

           今年は「ど根性ひまわりのたね」を遅く播いてみようと思う。

           去年、早くタネを播きすぎて6月に花が咲いてしまった。

           今年は「暑さが厳しい」予報なので、そのことも計算。

           妻が「苗床」を作ってくれた。肥料の入れ方が、花の生育を左右するので一任した。

           

           私は、きょうもコツコツ原稿書き。

           

           

           

          漆原智良 * - * 17:13 * comments(2) * - * - -

          吉田瑠美さん

          0

             昨日(25日)遅起きしてテレビを見ていたら、「テレビ朝日」の「羽鳥慎一のモーニングショー」に、吉田瑠美さんが現れた(写真赤い服)。瑠美さんは、私の執筆した絵本「あかりちゃんのつうがくろ」の画家さんで、元・カンフー日本チャンピオン。京都でカンフーの教室を開いている。そんなことから関根勤さん、山本さんとテレビに出演したようだ。昨日FBに載せて紹介したら、メールでの反響が大きかった。

             6月16日(土)PM2〜「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演(羽村市生涯学習センター・ゆとろぎ)の折には、私とトークショーをおこなうことになっている。カンフ―も見せていただきましょう。(前売券のみ 2500円)

             電話またはメール いただければ受付に準備しておきます(先着400名締め切り)

             何しろ150名の出演と、子どもの来場で半分の席予約済み。

             

             今日は、朝から長編の一部に取り組んでいたので疲れた。いまからぶらりと自転車でカフェにでも行きましょう。

             

             

             

             

             

            漆原智良 * - * 14:46 * comments(4) * - * - -

            昨夜の「風華国楽」の感動が!

            0

               

               目が覚めても「風華国楽」の感動が……。昨夕、I議員、I幼稚園園長、絵詞作家の内田麟太郎さんと一緒に、北京民族楽団「風華国楽」を鑑賞に行った(於・オリンパスホール八王子)。歌手の申さんを中心に、二胡、笛、太鼓、打楽器、古箏……などの響きと、工夫された照明、音響がいまだに脳裏に残照。四季を奏でる名曲「少年時代」「世界に一つだけの花」など17曲にうっとり。日中友好の懸け橋とか。

               楽団は、4月だけで18か所巡るとか。若さとはスバラシイ。あれだけ動いたら爺様は「3日間休まねば…」と考え込んでしまう。野球の投手でも、なか4日は休む。という、訳の分からない理由をつけて、M県の秋の講演依頼をお断りした。

               月末締切りのもう一本の原稿を添付でプチンして、きょうは終わり。

               

              漆原智良 * - * 16:47 * comments(4) * - * - -

              今日も訃報・ああ衣笠さんまで天国へ

              0

                 東京は気温が低い。寒暖差があまりにも激しい

                 今日も悲しいかな、訃報が舞い込んだ。鉄人と呼ばれた男、衣笠祥雄さん(71歳)がお亡くなりになった。

                 10年ほど前、伝記を執筆するにあたり、日比谷のプリンスホテルで会食したのが最後だった(写真)。「私は京都の炎の街で生まれ、炎を見て育った(焼き物の町)。だから、野球も炎のように燃えた」という言葉が印象的だった。つい先日も、ラジオで野球解説をおこなっていたのだが……。ご冥福をお祈りいたします。

                 今日はこれから、童話作家のUさん、幼稚園長のIさん、市議のIさんと、八王子まで「風華国楽」を鑑賞に行くので、早めにブログを書いた。

                漆原智良 * - * 14:06 * comments(4) * - * - -

                訃報

                0

                   寒暖の差が激しい。今日は長袖に真綿のチョッキ。

                   兄姉の訃報が相次ぐ。2月の義姉(99歳)に次いで、きょうは、甥から「父(91歳)が亡くなった。遠いのでささやかな家族葬でとりおこないたい」と、訃報が届く。ご冥福をを祈る。妻の兄姉7人のうち4人が他界、淋しくなるばかり。妻は末っ子。

                   取り急ぎ郵便局へ飛んで行き「香料」を送金。

                   

                   月末の週であり、来週はゴールデンウイークとつづくので「月末締切りの原稿」を整理した。明日にでも送稿しよう。

                   銀の鈴社から「夏の講演会、交流会は横浜で行うことにしたいが…」と連絡あり。承諾した。

                   

                   

                   

                  漆原智良 * - * 17:01 * comments(4) * - * - -

                  交流会

                  0

                     AM 日曜日。ゆっくり起きて、次号執筆の読書。

                     テレビが「東京は真夏日になるので要注意。水分補給を…」と報じていた。北海道はもっと暑いそうだ。

                     銀の鈴社で、童話集1号「ゆめ」が近日発刊される。投稿者をはじめ、童話に関心のある方々をあつめて「勉強会、交流会,懇親会」を開くことになった。8月4日(土)に決まった。会場は近日決定。講師は藤田のぼるさん、日野多香子さん、それに私。

                     この歳になっても、まだ「童話を書き出す(踏み出す)第一歩に迷っている」、そんなことから、私は「童話第一歩」の演題で楽しく語る、と返事した。ふるってご参加ください。終了後、懇親食事会。立食で5000円。

                     

                     今日も「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演の申し込みが、岐阜、秋田、飯能などから数名あった。ありがとうございます。

                     実行委員会からメールが届いて、子どもの来場がたくさんありそうなので、チケットは450枚ほどでしめきるそうだ。

                     

                    漆原智良 * - * 17:32 * comments(4) * - * - -

                    東京富士美術館

                    0

                       昨日、ブログで「あかりちゃんのつうがくろ」舞台公演をお知らせしたら、各地から「チケット前売り券の予約」申し込みが舞い込んだ。

                       AM その整理に追われる。これからもポチポチ予約が入ることだろう。羽村市の同公演実行委員会が主催するので、私は、当日のご挨拶出演(トークショー)とチケットを販売するだけ。予約希望者は、私にフエイスブックか、電話でお知らせください。

                       

                       8月12日(日)11時〜 14時〜には「火のカッパ」の「投映・朗読・画家山中桃子さんとのトークショー」が、東京富士美術館で行われる。美術館担当のHさんと連絡を取り合った。「連休明けに、チラシとチケットが出来ます」とのこと。当日参加者のみ、ご連絡ください。

                       

                      漆原智良 * - * 17:39 * comments(4) * - * - -
                      このページの先頭へ